ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、4月21日に提供される音声通話とパケット通信をセットにして定額化した新サービスの名称を「スマ放題」に決定、内容を一部改定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは4月1日、同社が4月21日より開始する音声通話とパケット通信をセットで定額化したスマートフォン向けの新通信サービスの名称を「スマ放題」に決定しました。また、サービス内容も前回の発表から少し変更しました。「スマ放題」は、従来のサービスでは別々だった音声通話とパケット通信をセットで定額化したもので、契約プランを3種類(S/M/Lパック)の中から選択するだけで音声通話とパケット通信を利用できるようになります。前回の発表からの変更点としては、Sパックの通話が3分/50回から5分/50回に、M/Lパックの通話も5分/1,000回から10分/1,000回に変更されたこと。定額料に含まれる通話回数を超過した場合の通話料が30円/30秒から20円/30秒に変更されたこと。ソフトバンク宛の通話料についても午前1時~午後9時までは無料に変更されたことです。ソフトバンクは今回の発表の中で、4月21日の「スマ放題」の提供開始に合わせて、MパックとLパックの月額利用料が6カ月間1,000円引きになる「スマ放題スタートキャンペーン」を実施することも明らかにしました。Source : ソフトバンク



(juggly.cn)記事関連リンク
Google PlayストアのNexus 10 16GBモデルが"近日発売"に変わる、再販される?
Androidアプリの管理/共有/検索アプリ「AppBrain」がv9.0にアップデート、アプリUIがリニューアル
富士通のNTTドコモ向け新機種「F-05F」がGCFの認証を取得

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。