ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

指先ひとつでアプリ起動もスマート家電操作も思いのまま 魔法のような「Ring」登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「指先ひとつ動かせば、何かが起こる」。そんな魔法のような話は、おとぎ話の世界だけのこと。そう思っていた多くの人たちを驚かす、画期的なガジェットが登場した。以前、アプリを通じて客同士がつながるソーシャルバー「LogBar」を紹介したが、この「LogBar」から、新たに指輪型デバイス「Ring」がいよいよローンチされる予定だ。

一見、シンプルな銀の指輪にしか見えない「Ring」だが、エレクトロニクスのテクノロジーが満載されたデバイスで、装着者の指のジェスチャーを認識し、さまざまな他デバイスをコントロールすることができるという。

「Ring」はユーザーの人差し指に装着して使用する。サイドにボタンが設置されていて、それをタップすることで起動。「Ring」がアラートを受信すると、振動またはボタン付近にあるLEDが光って知らせてくれる。

「Ring」には指の動作を検知する機能があり、各アプリに対応するかたちを中空に描くことで、その該当アプリを起動させることができる。たとえば、“音符のかたちを描くと、音楽アプリが起動する”、“封筒のかたちを描くと、emailが起動する”といったような具合だ。どのジェスチャーで、どのアプリが起動するのか、ユーザーが自由に設定することができ、編集はスマートフォン、タブレット上でおこなえる。

また、文字認識をするソフトウェアRing Fontによって、中空に文字を書くと、それをテキストと認識することが可能になっている。「Ring」を使って、TwitterやFacebookにそのまま投稿をしたり、メッセージを送信したりといったこともできてしまうのだ。さらに、GPSやiBeaconを使って、ジェスチャーひとつで店舗で支払いを済ませたり、家庭のスマート家電を操作して、テレビや電灯をつけたり、といったようなことも可能だという。

「Ring」は、充電が必要になるまで、最大1000ものジェスチャーを発動させることができる。また、Google Glassやスマートウォッチなど、他ガジェットに対応しているのも大きな強み。現状では、iOS、Androidのみに対応しているが、今後はWindows Phoneにも対応予定だ。

資金調達プラットフォームKickstarterでキャンペーンを開催中だが、残り3日を残して、目標額25万ドルを大幅に上回る84万ドル以上の資金をすでに集めており、日本からもプレオーダーが可能だ。ただし、「Ring」の唯一の難点は、防水対応されていないこと。使用の際は注意したい。

Ring

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP