ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

携帯3社のエリアメール/緊急速報メールが4月1日より消防庁のJアラートによる国民保護情報の配信に対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクは3月28日、地震や津波などの災害が発生した場合に警報をユーザーに発信するエリアメール/緊急速報メールが4月1日より総務省消防庁の全国瞬時警報システム(Jアラート)による国民保護情報の配信に対応することを発表しました。Jアラートに対応することで、万が一ですが、日本に対してミサイルが発射された場合や航空機による攻撃、ゲリラ・特殊部隊による攻撃などが行われる/行われた場合に、従来の災害発生時と同様の警報・メッセージがユーザーに配信されるようになります。ユーザー側としては、Jアラートに関して特にアプリで何かの設定を行なう必要はありません。単に4月1日からはJアラート発信の国民保護情報もエリアメール/緊急速報メールとして配信される場合があるというだけです。Source : NTTドコモ



(juggly.cn)記事関連リンク
ソフトバンク、7月1日に「ソフトバンクポイント」を「Tポイント」に切り替え
「スマートデータリンク Mobizen」は非対応機種でも一部の機能を利用できる
HTCが中国で「Desire 516」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP