体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『ジャッカス』最新作でイカれたクソジジイを熱演! ジョニー・ノックスビルにインタビュー

knoxville_sexy

過激なイタズラや下ネタ、体を張ったパフォーマンスでドッキリを仕かける米MTVの人気番組「ジャッカス」シリーズ。劇場版第4作目『ジャッカス クソジジイのアメリカ横断チン道中』が3月29日より公開となります。

主演はもちろんジョニー・ノックスビル! 老人に扮装してスーパーでの万引き、結婚式に乱入してシャンパンタワーにダイビングなど、数々のイタズラを仕掛けます。道行く人の反応が実にリアルなのは本当に驚いて(ひいて)いるから。そして本作がこれまでの「ジャッカス」と少し違うのは、86歳のアーヴィンじいさんと8歳の生意気な孫ビリーの2人によるロードムービー仕立てだという所。いつもの下品で不謹慎なジャッカスらしさに笑いながらも、最後にはちょっとホロリ? コアファンもお初の方も楽しめる一本に仕上がっています。

sub4_bg-00044r_large

今回ガジェット通信では来日したジョニー・ノックスビルにインタビュー。カメラをむけるとセクシーポーズをとってくれる、お茶目なジョニーのコメントに注目だ!

(撮影:レイナス)

knoxville_0

ジョニー・ノックスビル:今チョコレートを食べたばかりなので、口とか歯についていたらスミマセン(日本語で)!

――撮影中に「ヒジ骨折」「膝蓋腱(しつがいけん)断裂」「手の腱断裂」の怪我を負ったそうですね?

ジョニー・ノックスビル:これまでのジャッカス映画シリーズに比べたら全く怪我していないくらいだよ。怪我はつきもので、肘にヒビが入ったり、指のけんを痛めて2回手術したけど、全く大丈夫だよ。傷みは最小限で大丈夫だったんだけど、乗り物の玩具のシーンを撮影しているときは、上に大きな柱があって、その柱を避けながら撮影したのは大変だったんだよ。避けないと今ここにはいれなかったね。

自分に何が起きているかは把握していると思ってる。映像が欲しいから、(自分が)ボロボロになってもいいんだ。演者よりも制作者寄りなんだよね。スタントを辞める時が来たら、それまでさ。

――本作はこれまでの『ジャッカス』シリーズと異なり、ストーリー仕立てになっていますね。

ジョニー・ノックスビル:一本の映画を通して一つのキャラクターを演じるにあたり、物語を作った方が良いだろうと思ったんだ。

――86歳の老人を演じてみていかがでしたか?

ジョニー・ノックスビル:お年寄りには前から敬意を払ってるよ。だけど 今回は老人のふりをすると殺人も許されると分かったよ。作品の中で1日に4回も見逃してもらった。死体の処分を手伝った人が4人もいたんだぜ。それというのも僕は人のいいお年寄りで幼い孫を連れてたからさ。

妻の死体を車のトランクに積み込むという設定だったんだけど、最初の2回は家にやって来た人に亡き妻のために木を植えたいと言ったんだ。穴掘りを手伝ってもらい “実は…死んだ妻を埋めるのを手伝ってほしい”と切り出すんだ。オハイオで試した時は誰も手を貸してくれなかった。それでノースカロライナでは孫役のジャクソンを連れてった。孫を見ると同情的になるみたいだね。

――この作品の魅力の1つは一般の人々の自然な反応ですね。「実はジャッカスでした!」とタネ明かしした後に笑って喜ぶ一般の皆さんも、相当度胸がすわっているなぁと思いました(笑)。

ジョニー・ノックスビル:ああ 人々の反応は予測できないからね。試したドッキリの中には成功率4パーセントかなと思うのもあった。それが大成功したりする。ジャクソンを箱に入れて発送するとかさ、最初は僕も監督も絶対ムリだと思った。でも……大成功しちゃったんだよ。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy