ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ジョージア』と猿田彦珈琲のコラボで実現 神宮前にオープンした無料でコーヒーが飲める店“コーヒーハウス ヨーロピアン”に行ってきた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

猿田彦珈琲と『ジョージア』のコラボで実現 神宮前にオープンした無料でコーヒーが飲める店“コーヒーハウス ヨーロピアン”に行ってきた
原料豆にこだわり、ハンドドリップで丁寧にいれるのが特徴の“スペシャルティコーヒー”。第二次大戦後に大量生産が可能になったアメリカンコーヒー、1980年代から深煎りの高品質の豆を使うようになったエスプレッソベースのアレンジコーヒーに続く1990年代からの“サードウェーブコーヒー”とも呼ばれています。このスペシャルティコーヒーを提供する“猿田彦珈琲”が、『ジョージア』とコラボしたカフェが3月24日にオープンしました。なんでも、おいしいコーヒーが無料で飲めるのだとか。東京・神宮前にオープンしたこのコラボカフェ“コーヒーハウス ヨーロピアン”に行ってきたので、レポートをお届けします。

コーヒーハウス ヨーロピアン
表参道から路地に入り、住宅の間に趣味のいいブティックや飲食店が点在する神宮前5丁目エリアにある“コーヒーハウス ヨーロピアン”。

コーヒーを無料で提供
表には「HOT COFFEE……FREE」の文字が。こんな洒落た場所で無料でコーヒーが飲めるとは。

明るい店内
どの席も居心地がよさそう
大きな窓から日が差す店内は明るく、どの席に座っても居心地がよさそう。筆者は2人用テーブルのあるソファ席に座らせてもらいました。

ソファの下にコンセント
無料Wi-Fiも完備
ソファ席の下にはコンセント、店内には無料のWi-Fiが完備と、作業環境としても快適。ノートパソコン持ってきて、ここで仕事すればよかった。

ホットコーヒーのみ
ここで注文できるのはホットコーヒーだけ。無料で提供する代わりに、『Twitter』か『Facebook』に投稿するという条件があるそうです。詳細は後述。

テーブルに到着
お菓子のおまけも
待つこと数分で、コーヒーが運ばれてきましたよ! お菓子のサービスもあったりします。

おいしかったです
筆者はブラック派なので、そのまま飲んでみます。苦味はほどほどでまろやかな味。口に含んで鼻腔に広がっていく香りを楽しむには、ブラックで飲むのが一番ですね。こんな本格コーヒーを無料でいただけるとはありがたい。

カップの底に文字が
ん? カップの底に何か書いてあるぞ……。なるほど。実際に何が書かれているかは、ご自身で体験してみてください。

リーフレット
飲み終わるとリーフレットを渡してくれました。「コーヒーのお代は、お飲みいただいた感想で」とのこと。感想コメントに、あるハッシュタグをつけて『Twitter』か『Facebook』に投稿し、お店のスタッフさんに確認してもらえば無料で飲めるシステムになっています。ハッシュタグは検索するとネタバレになってしまうので、こちらも是非、現地で確認してみてください。

OKいただきました
投稿を見せて、スタッフさんにOKいただきました!

丁寧に入れるコーヒー
コーヒーポットで1杯1杯、丁寧にコーヒーを注ぐスタッフさん。おいしく飲める温度にする温度管理にも気を配っているそうです。ごちそうさまでした。

“コーヒーハウス ヨーロピアン”は、5月18日(日)までの期間限定でオープン。驚きの体験が待っていますよ。

コーヒーハウス ヨーロピアン
東京都渋谷区神宮前5-46-13
営業時間:11:00~18:30
TEL:03-6450-5875
※イベント開催時は貸し切り営業となる場合があります。詳しくは直接店舗へお問い合わせ下さい

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。