体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ジョージア』と猿田彦珈琲のコラボで実現 神宮前にオープンした無料でコーヒーが飲める店“コーヒーハウス ヨーロピアン”に行ってきた

猿田彦珈琲と『ジョージア』のコラボで実現 神宮前にオープンした無料でコーヒーが飲める店“コーヒーハウス ヨーロピアン”に行ってきた

原料豆にこだわり、ハンドドリップで丁寧にいれるのが特徴の“スペシャルティコーヒー”。第二次大戦後に大量生産が可能になったアメリカンコーヒー、1980年代から深煎りの高品質の豆を使うようになったエスプレッソベースのアレンジコーヒーに続く1990年代からの“サードウェーブコーヒー”とも呼ばれています。このスペシャルティコーヒーを提供する“猿田彦珈琲”が、『ジョージア』とコラボしたカフェが3月24日にオープンしました。なんでも、おいしいコーヒーが無料で飲めるのだとか。東京・神宮前にオープンしたこのコラボカフェ“コーヒーハウス ヨーロピアン”に行ってきたので、レポートをお届けします。

コーヒーハウス ヨーロピアン

表参道から路地に入り、住宅の間に趣味のいいブティックや飲食店が点在する神宮前5丁目エリアにある“コーヒーハウス ヨーロピアン”。

コーヒーを無料で提供

表には「HOT COFFEE……FREE」の文字が。こんな洒落た場所で無料でコーヒーが飲めるとは。

明るい店内 どの席も居心地がよさそう

大きな窓から日が差す店内は明るく、どの席に座っても居心地がよさそう。筆者は2人用テーブルのあるソファ席に座らせてもらいました。

ソファの下にコンセント 無料Wi-Fiも完備

ソファ席の下にはコンセント、店内には無料のWi-Fiが完備と、作業環境としても快適。ノートパソコン持ってきて、ここで仕事すればよかった。

ホットコーヒーのみ

ここで注文できるのはホットコーヒーだけ。無料で提供する代わりに、『Twitter』か『Facebook』に投稿するという条件があるそうです。詳細は後述。

テーブルに到着 お菓子のおまけも

待つこと数分で、コーヒーが運ばれてきましたよ! お菓子のサービスもあったりします。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。