体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

美少女が30日間缶詰状態でネットゲーム! 『サオ生ちゃんねる』を取材してみた

サオリリスさん

『ニコニコ生放送』ではゲーム画面を放送しながら遊ぶゲーム実況というインターネット番組が人気だ。人の多い時間帯では900番組近くが放送され、様々なゲームを遊んでいる。その中で目立つのが、コスプレもこなす美少女が毎日ネットゲームをする『サオ生ちゃんねる』という生放送だ。『ファンタジーアース ゼロ』というネットゲームのキャンペーンで、ウィークリーマンションを1ヵ月借りて女の子を缶詰状態にし、毎日放送しているのだという。これは面白い! ということで取材にいってみた。

主演のサオリリスさんが閉じ込められているのは東京都内のウィークリーマンションの一室だ。パソコン(PC)と部屋だけを与えられ、毎日21:00から放送を行っている。番組はサオリリスさんのフリートークから始まる。トークのあと、仮面を被ったスタッフから本日のミッションと、クリアーしたときのご褒美、そしてクリアーできなかったときの罰ゲームが出題される。今回の罰ゲームは“激痛マッサージ”となった。

罰ゲーム

『ファンタジーアース ゼロ』は、50人対50人の大規模な対戦が魅力のオンラインアクションゲームだ。サオリリスさんがゲームに参加すると、彼女を応援するコメント、アドバイスするコメントが画面を覆う。ゲームを進めていくと、彼女を付け狙うユーザーと、それを必死に防ごうとする味方ユーザーが現れるなど、波乱の展開に。結局課題はクリアーできずにおわってしまった。

ゲームスクショ

罰ゲームの“激痛マッサージ”は、突起がゴツゴツとついた足つぼ用の板に立つというもの。怖々とその板にのったサオリリスさんだが、「あれ?」と不思議な表情になる。全然痛くないようだ。「つまらない」「演技しろ」とのコメントに「うわー。罰ゲームなのに痛くないよー! この空気のが痛いよおおお!」と正直な感想を述べていた。

また、日によってはゲストが登場するとのこと。インタビューの数日前には、某人気バラエティ番組で有名な“おばちゃん”がゲストとして登場し、サオリリスさんに熱いキスをして、立ち去っていったらしい。この日のことは、サオリリスさんの中でも、思い出深い出来事の1つになっているそうだ。

キスおばさん

――どうしてこんなことを始めたんですか?
「普段は大阪でDJをしています。この企画の関係者の方から、ゲーム系の仕事をしている友人を介して、巡り巡って私のところにきました。電波少年みたいでおもしろそうだなと思って参加しました」

――普段どんな生活をしてますか?
「生放送が21:00から22:00までです。放送終了後はだらだらーっと動画を見たり、ゲームをしたりして、気がつくと朝ですね……。だいたい、朝8時くらいに、寝ます。夕方おきて、準備をして、気がつくともう放送の時間ですね。本当はもっと『ファンタジーアース ゼロ』を遊んで強くなりたいのですが、人の多い時間帯だと迷惑をかけることがあるので、少ない時間帯でこっそり遊んでます」

――ご飯とかはどうしてるんですか?
「レンジでスパゲティをつくれる容器ってご存じですか? 最近100円ショップで購入して、あれでパスタをつくってます。あとは放送で課題をクリアするとフルーツのご褒美をもらえたりします」

冷蔵庫
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。