ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【2014年03月24日~03月30日あなたの運勢】ガジェ通12星座占い ベスト3

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


タロット占い『Nikolaschka (ニコラシカ)』が、今週1週間のあなたの運勢を占います。2014年03月24日~03月30日の運勢 星座別ランキングはこちら!

第1位:魚座

既知の対人運が好調なとき。特に友人との交流のなかに幸運の鍵が隠されているようです。しばらく逢っていない友だちと連絡を取り合うのも良いでしょう。ただし新規に人の輪を広げるのは慎重になったほうが良さそう。この先のストレスの原因となるかもしれません。

第2位:射手座

断捨離の時期がきているようです。不要なものは未練を残さず切り捨てる潔さが肝心。感情的にならず合理的に進めることで効果が見込めそうです。計画性をもって取り組むことが失敗しないための秘けつ。週末は趣味の分野での動きがありそう。積極的に参加して吉。

第3位:乙女座

家族や旧友あるいはそうした人たちとの思い出のなかに今週の幸運の鍵が隠されているようです。振り返ってみるのも良いかもしれません。健康運は注意が出ています。風邪などと思って甘く見ずしっかり予防と対策を。休みの日は体を休めることを優先させましょう。

12星座すべてのランキングを見たい方は、今日のガジェ通12星座占いの全結果をこちら( http://getnews.jp/archives/540188 )からご覧ください。


第4位以下のランキングはこちら!

第4位:双子座
自信を喪失するようなことが起こるかもしれませんが必要以上に自分を責めないようにしましょう。タイミングの問題と考えたほうが良さそうです。また新しいことに挑戦して世界を広げるのは大変良いのですがあれもこれもと手を広げ過ぎないように注意しましょう。

第5位:天秤座
自分が他者からどう見られているのかを改めて見つめ直すと良いかもしれません。特に身勝手な言動や実力の不足については真摯に反省する必要がありそうです。相手の立場を慮って考えるようにすると吉。また落ち着いた物腰が好感度アップの決め手となるでしょう。

第6位:山羊座
モチベーションをいかに上手に高めるかが今週の成否を分ける鍵となりそうです。細かく目標を設定してこまめに達成感を味わうなどの工夫をしてみてください。直感が狂いやすい時期なので勘に頼らず客観的な情報から判断をくだすよう心掛けたほうが良さそうです。

第7位:牡牛座
面倒なことを頼まれるかもしれませんが引き受けておくと後のちのプラスになりそうです。今週は些細なことにイライラせず寛容な心を持つことが幸運の鍵。気が乗らないことは事務的にこなしましょう。健康運に注意信号が出ているので対策は早めに万全にすると吉。

第8位:獅子座
冗談のつもりでも不真面目な態度はマイナスイメージになりやすいときなので要注意。うまくいかないことがあったら原点に立ち戻ってみることも肝要です。また自分から積極的にアプローチするよりも相手の出方を待ったほうが効率的。無理はしないことが成功の鍵。

第9位:牡羊座
物事を一方向からではなくさまざまな角度から見ることを意識しましょう。またそのためには周囲の意見に耳を傾けることも有効。思い込みや先走りで相手の意見を早飲み込みしやすいので気を付けて。計画立てて準備をしっかり整えてから行動に移すと成功率アップ。

第10位:蠍座
金銭運が特に不調の様子。無駄な出費はできるだけ控えるように心掛けましょう。また周囲との協調や協力が今週の成功を左右します。我を通そうとするよりもうまく折り合いをつけることに努めると良いかもしれません。週末は見知らぬ町への小旅行にツキがありそう。

第11位:蟹座
対人運に暗雲の兆し。話し合いが足りていないようです。自分の意見を押しつけようとするのではなく相手の話にも耳を傾けることが解決の鍵となるでしょう。また今週は環境にあまり大きな変化をもたらさないほうが良さそうです。変わったことをやろうとしないで吉。

第12位:水瓶座
地に足がついていない言動が目立つときです。そこにつけこまれたりあるいはそうした油断からミスを連発しやすくなっているので注意しましょう。また誘惑の多い時期でもあるのでそれにいかに打ち勝つかが肝要です。手抜きや誤魔化しは露見するので控えましょう。

占い提供:『Nikolaschka (ニコラシカ)』

カテゴリー : エンタメ タグ :
nikolaschkaの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://nikolaschka.x0.com/top/

TwitterID: nikolaschka0815

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP