体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

4K超短焦点プロジェクターがリビングを変える!? 『Life Space UX Exhibition』が銀座ソニービルで開催中

lifespaceux_01

ソニーが開発した4K超短焦点プロジェクターなど、空間を活用した映像体験を味わえるイベント『Life Space UX Exhibition』が2014年3月19日から4月13日まで東京・銀座ソニービル8FのコミュニケーションゾーンOPUS(オーパス)で開催中。4種類のコンセプトアイテムにより、生活空間そのものを使ってエンターテインメントコンテンツを楽しむというスタイルを提案しています。

lifespaceux_02

開催に先駆けた2014年3月18日のマスコミ向け内覧会では、平井一夫社長兼CEOがビデオメッセージで登場。『Life Space UX』のコンセプトについて、「私たちは感動体験を求めるお客様のご期待に応えるため、これからもソニーらしいと言ってもらえる商品を生み続けていきます。そのための新たな挑戦がはじまります」と随所でろくろポーズを交えつつ語っていました。

lifespaceux_03

イベントでは、4K超短焦点プロジェクターをはじめシーリングスクリーン、テーブルトップスクリーン、ウォールミラーディスプレイを設置。いずれもリビング・ダイニングやベッドルームなどで高クオリティーの映像を投写することができる機器となっています。

lifespaceux_04

コンセプトが生まれる経緯について、ソニーTS事業準備室チーフコンスーマーエクスペリエンスプロデューサーの斉藤博さんは「生活の中にある空間そのもの、壁・天井・机・照明など、建物や部屋にもともとあるものを使うことによって、新しい暮らしやコミュニケーションのあり方を生み出せるのではないか」と語り、そのポテンシャルの高さについても「理想の佇まいの実現」「機器の制約からの解放」「場の特性を生かした体験の創出」を挙げて強調します。

lifespaceux_08

2014年1月にアメリカ・ラスベガスで開催された『2014 International CES』でも展示された4K超短焦点プロジェクター。リビングに違和感なく溶け込むキャビネットのようなデザインで、壁際に置いた際でも最大147インチの映像を投影可能です。2014年夏には北米で約3~4万ドル程度での販売を予定しているとのこと。

lifespaceux_09

映画を大迫力の映像とサウンドで楽しむのはもちろん、ソニー独自の4Kコンテンツサービス『VideoUnlimited 4K』で提供されているだまし絵のような映像により、空間を広く見せる使い方も。

lifespaceux_10
1 2次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。