体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いろいろヤバい!と評判の『ガリガリ君リッチ ナポリタン味』が超絶ウマくなるチョイ足しを発見!

ガリガリ君リッチ ナポリタン味 チョイ足し

発売前から話題騒然の『ガリガリ君リッチ ナポリタン味』をガジェット通信で先行入手することができた。(協力:赤城乳業さま)

ガリガリ君リッチ ナポリタン味

「どうリアクションしたらいいのかわからない味」と編集部内では一時、この商品を取り巻き騒然となった。今まで生きてきて出会ったことのない取り合わせであり、これからも出会うことのない組み合わせ、と言えそうだからだ。(※詳しいレビューはこちらの記事もどうぞ

とにかく味が“不思議”としか言いようがないのだ。「甘味」と「トマトな酸味」と「スパイシーさ」と「乳(にゅう)なクリーミーさ」が、おかしな譲り合いでバランスを保ってしまっているのだ。

たとえるなら互いの味が「私が」「いやここは私が」「いえいえここは私が」「どうぞどうぞ!」と完全にダチョウ倶楽部な状態なのである。
甘味が強いけれども、トマトとスパイシーさがスイーツ寄りになることを拒み、逆に冷製スープ寄りになることを甘味が拒んでしまっている。

それでは「バランスを崩せばいいのではないか?」― ひらめいた記者は、ナポリタン味をより料理の方向に近づけるべく“バランスを崩してみる”ことにした。

粉チーズ

恐る恐る粉チーズをかけてみる。アイスに粉チーズ。ありえない。しかし、もともとありえない『ナポリタン味』にとって、効果はてきめんだった。
粉チーズをかけることで、トマトとの調和が取れて料理寄りの氷菓子にと変化したのだ。

粉チーズ1 粉チーズ2

タバスコ

タバスコではどうだろう。果たして予想は的中。
タバスコの辛味がしっかりとしたアクセントになり、粉チーズに勝るメリハリが生まれた。うまい。むしろタバスコが無いとダメだ、とすら思うようになった。

タバスコ タバスコと粉チーズ

黒コショウ

黒コショウの親和性もすばらしかった。わずかな黒コショウの粒が『ナポリタン味』の表面に付着するだけで、食べるスープへと変化するのである。

今回試していないが、塩コショウ(粗挽き黒コショウ)をかければ、スイカ+塩のような効果が期待できるのではないだろうか、とも感じた。

試食1
1 2次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会