ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バウスシアター最後の10日間はライブ! 渋さ、細野晴臣、山本精一ら

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1984年のオープン以来、多くの映画ファンに愛され、またライブハウスの音響システムで映画を上映する「爆音上映会」など、独自の試みを行ってきた吉祥寺の映画館・バウスシアター

先日、2014年5月をもって閉館することが決まり、4月26日(土)より最後のイベント「THE LAST BAUS さよならバウスシアター、最後の宴」が開催されることが新たに発表された。

30年の歴史を振り返る上映イベントやバウスシアター名物・爆音映画祭の他、イベントの最後を飾る企画である、ライブとトークからなるイベント「ライブハウスバウス」の出演者が発表された。

かつてのバウスシアターを思い出せ!

バウスシアターは映画の上映以外にも、前述の「爆音上映会」や、演劇、ライブ、落語会など様々な興行を行ってきた。そんな場所の持つ空気感を最後に再現しようというのが、この「ライブハウスバウス」だ。

バウスシアターが映画館としての役割を終えた後の、6月1日(日)〜6月10日(火)に行われる、まさに最後の最後となるこのイベントには、ジャンルを越えた多才なミュージシャンが集結する。

トークには、はっぴいえんどやY.M.O.などに所属し、日本の音楽シーンを席巻してきた細野晴臣さんや、音楽評論家・ラジオDJとして活動するピーター・バラカンさんが出演。

ライブには、ボアダムスやROVOでギタリストとして活動し、近年は文筆業でもその才気をみせている山本精一さんや、吉祥寺に住み日本のフォークシーンを形作った高田渡さんの息子で、スチールギター奏者の高田漣さん、話題沸騰中のバンド・ceroなど、様々なミュージシャンが集結する。

そして最終日、バウスシアターの壇上に最後に登壇するのが、ダンドリスト・不破大輔さん率いる、超大所帯フリージャズバンド・渋さ知らズオーケストラだ。

ドラム、ギター、ベースはもちろん、管楽器や暗黒舞踏家までを率いる渋さ知らズオーケストラのアクトは、これまでバウスシアターが行ってきたジャンルを越えた興行を彷彿とさせる、カテゴライズ不可能なカオスなものとなるだろう。劇的な祝祭空間が生まれそうなこのイベント。ぜひこの目で確かめてみたい。

イベント情報

THE LAST BAUS さよならバウスシアター、最後の宴 ライブハウスバウス

日時2014年6月1日(日)〜6月10日(火)
会場吉祥寺バウスシアター
料金各日ごとに変動。詳細はhttp://www.bakuon-bb.net/program_c.phpより

【出演者】
■2014年6月1日(日)~2日(月)
久保田麻琴
細野晴臣
ピーター・バラカン
NRQ
ホライズン山下宅配便
cero
VIDEOTAPEMUSIC
石原洋 with friends
テニスコーツ
山本精一
佐藤GWAN博
高田 漣
アーリー・タイムス・ストリングス・バンド
佐久間順平
倉沢桃子
ハチャトゥリアン楽団
Dr.KyOn
玉城宏志
黒川修
小関純匡
岡地曙裕
長見 順
吾妻光良
うつみようこ
Controversial Spark
GRANDFATHERS
オワリカラ
渋さ知らズオーケストラ(with 梅津和時 / 白崎映美)

関連記事

“爆音 大友克洋 2013” 話題の爆音上映会に登場 幻の7分間、秘蔵映像作品も
3Dを超える最先端の映画体験「4DX」、首都圏初上陸!
古川日出男ら出演、映画『ほんとうのうた〜朗読劇「銀河鉄道の夜」を追って〜』上映

関連リンク

「THE LAST BAUS〜さよならバウスシアター、最後の宴」「第7回爆音映画祭」

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP