ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC M8がGFX Benchmarkサイトに登場、メインカメラの画素数は400万画素、気圧センサーも搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTCの次期フラッグシップスマートフォン”M8″の仕様情報がGFX Benchmarkの公式サイトに登録されました。同サイトに掲載されている情報をまとめると、Android 4.4.2(KitKat)、4.9インチ1,920×1,080ピクセルのディスプレイ、Snapdragon 800 2.26GHzクアッドコアプロセッサ、1.8GB RAM、11GB ROM、背面に390万画素カメラ、前面に490万画素カメラを搭載しています。”M8″のメインカメラはイメージセンサーを2つ搭載したものに変更されていますが、GFX Benchmarkの情報だと、画素数は390万画素(仕様上は400万画素?)となっています。工信部で公開された「HTC M8t」の認証資料には”1,600万画素/400万画素”と明記されているので、各イメージセンサーは400万画素で撮影することが可能で、2つのイメージセンサーを組み合わせた場合、1,600万画素にまで拡張できると推測されます。このほか、”M8″には気圧センサーも搭載されていることがGFX Benchmarkに明記されています。Source : GFX Benchamrk



(juggly.cn)記事関連リンク
ASUSアウトレットでNexus 7(2012)32GBモデルが15,800円、Nexus 7(2013)用ドッキングステーションが2,980円、Fonepad Note 6が32,800円で販売中
Samsung、デザインにフォーカスしたWEBサイト?「design.samsung.com」のオープンを予告
噂の8.9インチNexusタブレットはHTC製、"ハイパフォーマンス"な製品らしい

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP