ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イギリスのタブロイド紙「行方不明機が月で見つかった!」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


3月8日に消息を絶ったきり、未だに行方がつかめないままでいるマレーシア航空370便。各国の調査機関や専門家、マスコミが真相に迫ろうと必死になる中、これまでさまざまな奇説・珍説が飛び出した。

・爆破されて海に墜落した
・中国軍機が撃墜した
・ハイジャックされてベトナムの空港に密かに着陸した
・いや、着陸したのはソマリアの飛行場だ
・機長が乗客を道連れに自殺した

そしてまた、このリストにとんでもない新説が加わった。イギリスのスポーツ新聞『Sunday Sport』が「世界独占!」と自信を持って伝えるところによると、行方不明機がなんと月で発見されたというのだ。写真を見ると、月の表側に飛行機らしき物体が写っている。でもなぜか4発式の機体……。件のボーイング777型機は2発式なのに? 説明文もまったくもってバカバカしい。「UFOがボーイング777型機を飲み込んで月に運んだ」そうな。

このゴシップ紙は過去にも、「行方不明になっていた爆撃機が月で見つかった」とか「エルビス・プレスリーの彫像が火星で見つかった」などというネタ記事を掲載しており、今回のネタも以前の焼き直しのつもりらしい。しかしどちらにせよ、まったく笑えないし、時期を考えろと言いたくなる。英国ジョークの面白さは一生理解できそうにない。

画像:atrl.netより引用
http://atrl.net/forums/showthread.php?t=539915[リンク]

※この記事はガジェ通ウェブライターの「ろくす」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

カテゴリー : エンタメ タグ :
ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP