ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Intel Atom “Bay Trail-T”新製品のSKUとCPU動作クロックが判明

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Intelから今後リリースされるタブレット向けAtomプロセッサ「Z36XX/Z37XX」シリーズ(Bay Trail-T)の新製品のSKUが中国のWEBサイト MyDriversで公開されました。同サイトで公開された製品リストによると、新製品となるZ3735D / Z3735E / Z3745 / Z3745D / Z3775 / Z3775D / Z3785 / Z3795のCPUは1.33GHz~1.6GHzで動作し、また、コア・ステップは既存のZ3600/Z3700シリーズのB2/B3よりも新しいC0ステッピングが適用されています。同サイトは上記新製品の中でも64bitに対応していることが判明しているZ3795のCPUについて、ターボブーススト時は2.39GHzで動作すると伝えています。また、リストには掲載されていませんが、Androidにも対応したZ3735FとZ3735Gは1.3GHz駆動のCPUを搭載し、今年後半にリリースされるという情報も伝えています。Source : MyDrivers



(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia Z2のアプリ等をほぼ全て盛り込んだCyanogenMod 11ベースのNexus 4用カスタムROMが公開
Motorola、米国時間17日夜よりAT&T版Moto XのAndroid 4.4.2 Soak Testを実施
OnePlus Oneのリアカメラに1,300万画素のSony製CMOSが採用される、4K動画撮影にも対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP