ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【2014年03月17日~03月23日あなたの運勢】ガジェ通12星座占い ベスト3

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


タロット占い『Nikolaschka (ニコラシカ)』が、今週1週間のあなたの運勢を占います。2014年03月17日~03月23日の運勢 星座別ランキングはこちら!

第1位:獅子座

物事を一面から見るのではなく多角的にとらえることが成功の鍵となるでしょう。対人運が好調です。既知の人たちであっても交流を深めることで意外な面を知ることがあるかもしれません。うまくいかないことがあるなら原点に立ち返ることが有効。週末の外出は吉。

第2位:蠍座

心穏やかに過ごすことが今週の幸運の鍵。また自分のことばかり考えるのではなく相手の立場や状況を酌むよう意識することが肝要。トラブルが発生してもさほど長引くことはなさそうです。そこから学ぶこともたくさんありそう。連絡や伝達だけは忘れないようにして。

第3位:牡牛座

きちんと計画を立てそれを実行に移していくことが成功の鍵となるでしょう。逆に無計画に見切り発車するのは失敗のもと。無駄な時間をかけて苦労することに。性急に結果を出そうとするよりも時間を掛けて取り組む我慢強さが求められそう。自信を持つことが大事。

12星座すべてのランキングを見たい方は、今日のガジェ通12星座占いの全結果をこちら( http://getnews.jp/archives/534859 )からご覧ください。


第4位以下のランキングはこちら!

第4位:天秤座
もう駄目だと思っていたことに希望の光がさしてくる兆し。ただし周囲の協力を強要するような真似は禁物。陰口をたたいたりすると信用を失うことになりそう。言動には慎重になったほうが良いでしょう。また苦手なものを克服する機会にめぐまれるかもしれません。

第5位:双子座
待ち望んでいたチャンスがめぐってくる兆し。見逃さず怖気づかずにつかみとることが大切。ただし今の自分の身の丈に合っていない話なら見送ったほうが良さそう。欺瞞は自分自身を疲弊させることにしかなりません。相談事は対等な立場にある人にすると良さそう。

第6位:牡羊座
運気が取り立てて良いわけではないのに平穏に過ごせるのは周囲のバックアップのおかげ。あなたにできることをできる範囲で返していくことや感謝の気持ちを言葉にして伝えることが肝要。言わなくても分かってもらおうとしたり最初から助力をあてにするのは禁物。

第7位:水瓶座
興味をそそられるようなことが次から次へと湧いてくるとき。しかし流されるままにあれもこれもと手を出していると広げ過ぎた風呂敷を畳めないことになりかねません。自分の手の届く範囲に留めておくことが肝要。熱しやすく冷めやすい傾向になるのでそこも注意。

第8位:射手座
健康運に危険信号。軽く考えていると長引きそうな兆し。早めに病院にかかるなど対処しておくと良いかもしれません。考え事がうまくまとまる時期でもあります。長期的な計画などは今のうちに練っておくと良いでしょう。ただし根気が続かないので休憩を忘れずに。

第9位:乙女座
些細なことでストレスをためやすいとき。こまめにリフレッシュすることを心掛けて。いろんなものを吸収しやすいときでもあるので美しいものや心に響くものと触れ合うと吉。あまり真面目に考え過ぎると息詰まってしまうので肩の力を抜くことも大切にしましょう。

第10位:蟹座
週の始めから心底ガッカリするようなことを耳にするかもしれません。しかしそこから何かを学んだり或いは新しい見解を得ることもできそうです。そのためには謙虚になることが肝要。自分の意見を押し付けるのではなく相手との折り合いを見つけていくよう心掛けて。

第11位:山羊座
懸念していたことは払拭されるでしょう。しかし時間を浪費する割りに成果や評価が得られないことを押し付けられるなど自分のペースを崩されイライラが溜まりそう。八つ当たりなどには要注意。適度にストレス解消していくことと偶に自分を甘やかせることが大事。

第12位:魚座
運気は低調気味。これまで自信を持って取り組んでいたことで失敗を重ねてしまうかもしれません。たとえ得意なことでも手を抜いたりしないで初心に返ることが大事。また周囲の人たちとの話し合いも疎かにしないことが肝要です。あまりひとりで抱え込まないように。

占い提供:『Nikolaschka (ニコラシカ)』

カテゴリー : エンタメ タグ :
nikolaschkaの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://nikolaschka.x0.com/top/

TwitterID: nikolaschka0815

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP