体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ウルトラ怪獣の秘密のたまり場『怪獣酒場』が川崎駅前にオープン!

円谷プロの『ウルトラマン』シリーズに登場するウルトラ怪獣たちが、夜な夜な集まり地球征服のための悪巧みをする秘密の酒場が、川崎駅前に存在した!?

バルタン星人、ゼットン、キングジョー、レッドキング――ウルトラマンと激闘を繰り広げ、時にはコテンパンにされ、時にはウルトラマンを窮地に追い込んだウルトラ怪獣たち。彼らは画面に登場していない間、毎晩ある居酒屋に集まって明日への気力を養っていたらしい。そんなコンセプトの居酒屋『怪獣酒場』が、川崎駅前に1年間の期間限定でオープンした。

「怪獣」と聞くと、おもちゃ屋さんのような子供っぽいお店を思い浮かべてしてしまう人もいるかもしれないが、店内は落ち着いた雰囲気の普通の居酒屋。ただちょっと違うのは、各ブースには怪獣たちをテーマにした装飾が施され、マニアが思わずウンチクを語りたくなる“小ネタ”が随所に散りばめられているところ。怪獣をイメージしたメニューの数々は見た目にも美味しい。ここでしか買えないレアな限定品を販売するグッズコーナーや、怪獣たちの潜む謎の小部屋も?

いくつになっても少年の心を忘れない大人たちが、怪獣たちと一緒に明日への鋭気を養える、そんなステキな居酒屋といえるだろう。

店内に入るとまず宇宙恐竜ゼットンがお出迎え。初めてウルトラマンを倒したゼットンは、ウルトラ怪獣の間ではヒーローと崇められているらしい。その向かいにはジャミラの“真実の口”が。地球防衛軍関係者が手を突っ込むと、ジャミラの叫び声がして……パクっとな?

ボックス席のテーブルには怪獣の解説や名場面が記されていて、仲間と「ああ、そうそう」と盛り上がれること間違いなし。呼び出しボタンはウルトラマンのカラータイマーの形をしているという凝りようだ。

一部のテーブルには科学特捜隊の乗り物フィギュアが埋め込まれている。怪獣たちはこれで弱点を研究していたりするのだろうか。壁にはウルトラマンと怪獣フィギュアが。怪獣視点の居酒屋なので、怪獣が活躍するディスプレイになっているのが面白い。上に目をやれば、十字架に磔されたウルトラ兄弟。これはガッツ星人の仕業か。そして照明はバルタン星人の宇宙船? 全部の“小ネタ”がわかる人なんているの?

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会