ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Googleは米Green Throttleを買収してAndroid向けゲームコントローラーを開発中?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleが昨年11月に事業を中断した米 Green Throttle Gamesを買収し、Android向けのゲームコントローラーを作成しているのではないかと海外のWEBサイト PandoDailyが報じています。Green Throttleは、「Guitar Hero」ゲームの開発者であるCharles Huang氏、Matt Crowley氏、Karl Townsend氏の3名で2012年末に設立されたベンチャー企業で、Bluetoothを利用してスマートフォンやタブレットとワイヤレス接続するゲームコントローラー「Green Throttle Atlas Single Controller」を販売していました(今でも販売されています)。しかし、同社は約4ヶ月前にひっそりを事業を中断しており、ゲームコントローラー用のコンパニオンアプリ「Android Arena」もGoogle Playストアから削除しました。同サイトによると、Googleの広報担当者は、Green Throttleの3人の創立者のうち、Crowley氏とTownsend氏が同社に移籍して働いていることを明らかにしたものの、”Green Throttle事業の権利はまだHuang氏にある”として、Green Throttleを買収したことを明言しませんでした。同サイトは、Green Throttleから移籍した元スタッフらを昨年より噂されているテレビ用セットトップボックスにゲームコントローラーのサポートを追加するための作業に従事させているのではないかと予想しています。Source : PandoDaily



(juggly.cn)記事関連リンク
Android版「ドルフィンブラウザ」がv10.2.8JPにアップデート
Acerの7.9インチAndroidタブレット「ICONIA A1-830」がオーストラリアで発売、価格は248豪ドル(約22,600円)
スペインのXperia Z1(C6903)に「14.2.A.1.144」ビルドへのアップデートが配信開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP