ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

飛び出す迫力の映像をパソコンで! エイサー、初の3D対応液晶モニタを発売

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

gd245hqbid_acer

日本エイサーは、同社初となる3D対応液晶モニタ『GD245HQbid』を、3月26日より発売しました。フルHD対応、23.6インチの大画面ディスプレーで、映画などの動画や写真などをパソコンから飛び出す迫力で楽しめます。店頭想定価格は4万5000円前後です。

gd245hqbid_2

『GD245HQbid』は、奥行と迫力のある3Dの世界を体感できる『NVIDIA 3D VISION』テクノロジーに対応。別売りのNVIDIAグラフィックスカード、『NVIDIA 3D VISIONキット』を組み合わせれば、専用3Dメガネとソフトウェアを用いて最新のパソコンゲーム、3Dデジタルフォト、そして将来的には3D対応の高解像度ムービーも奥行きあるステレオ3Dとして楽しむことができます。

3Dの世界の迫力を充分に楽しめるように、『GD245HQbid』は23.6インチの大画面と、1920×1080ピクセルの高解像度フルHDパネルを採用。また、エイサー独自のACMテクノロジーにより、8万:1の高コントラスト比を実現し、ブルーレイソフトなどのハイビジョン映像の美しさを、3D映像でも細部まで鮮明に表現します。

gd245hqbid_1

3D映像対応のDVI-D接続のほか、アナログ(D-sub15ピン)、HDMI端子を標準搭載。パソコンやHDMI端子搭載の再生機器との接続も可能にするなど、豊富な入力系統を装備しています。使用環境に合わせて、「ムービー」「グラフィック」「標準」「テキスト」の4種類の表示モードが選択可能なほか、好みに合わせた表示を「ユーザー」モードとして設定することもできます。

スタンド部分に印象的なレッドを使うなどクールなデザインです。サイズは、575×418×195mm、重さは5.8Kg(スタンド含む)、スピーカーは搭載していません。
 
 

■関連記事
日本エイサー、HD画質とHDサウンドを楽しめる 15.6インチノートパソコン『eMachines 525-11』発売へ
カメラ屋店頭の印象にだまされるな!立体デジカメ『FinePix REAL 3D W1』レビュー
“複数同時押し”に対応!最薄部約7mmのコンパクトキーボード『ONYX』

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。