ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リリースされた“iOS7.1”の変更点まとめ カレンダーが使いやすくなりSiriに男性が選択可

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


本日リリースされたiOS7.1。『iPhone4』以降に対応しているとされている最新OS。これまでの不具合修正だけでなく、様々な機能追加も行われている。

そんなわけで、変更点をわかりやすく紹介していきたい。

ロック画面の変更

ロック画面のスライドして解除する見た目が少しだけ変更されている。「右にスライド」という表示がなくなっているのだ、

ホーム画面のアイコントレイの透明度が変化

ホーム画面のアイコントレイの透明度が変更され、少し濃くなっている。背景が見づらくなった?

ボタンの形の変更

設定でボタンの形の変更ができるようになった。設定場所は「一般」「アクセシビリティ」「ボタンの形」である。この項目をオンにするとフラットなボタンに変更される。

コントラストを上げる設定の変更

同じくデザイン面での変更点。「設定」「一般」「アクセシビリティ」「コントラストを上げる」の設定項目が追加されており、より細かくデザイン変更ができるようになった。今までは「コントラストを上げる」の1つの設定だけだったのに対し、iOS7.1からは「透明度を下げる」「色を濃くする」「ホワイトポイントを下げる」の3つの設定項目が追加されている。

カメラの自動HDR機能

カメラの自動HDRの項目が追加された。これまで通り、オフ、オンも選択可能。

カレンダーが使いやすく

iOS7になって不評だったカレンダーがやっとまともに使えるようになった。今までは、検索で直近の予定を一覧させていたが新たなカレンダーアプリではその日の予定とカレンダーをセパレート表示可能。元に戻ったと言った方がいいだろうか。

日本の祝日が自動追加

iOS7.1を入れると日本の祝日が自動追加される。既に追加している人は二重に表示されてしまうので、片方を削除するといいだろう。

アニメーションの高速化

iOS7のアプリやフォルダ選択時のあのアニメーションが高速化された。比較しないとわからない程度だが、これは嬉しいかも。

Siriの音声で男性が選べる様に

今回のバージョンから『Siri』の音声が女性に加わり男性も選べるようになった。尻だけに。性別の設定はSiriの「声の性別」で変更可能。

キーボードが変更

キーボードが変更された。従来の「☆123」がなくなり「ABC」ボタンと統合。その代わりアンドゥボタンと「→」ボタンが追加された。またキーボードの文字も太くくっきり変更された。実はこの変更はiOS7.0のデザインに戻っただけなのである。

またQWERTYキーボードの際のShiftキーの矢印が分かりやすくデザインが変更された。Shiftを2回押すと大文字に固定されるが、今までは濃いグレーだった。しかし7.1からは矢印の下にアンダースコアが付くようになった。

通話画面の変更

通話アプリのダイアルボタンが多少変更されている。今までは「発信」の横長だったボタンが丸い緑のアイコンに変更されている。また着信時のインターフェイスなどもそれにあわせて変更が加えられている。

その他、CarPlayのサポートや脆弱性の修正

実はiOS7.1の一番大きな変更点というか目玉は『CarPlay』のサポートである。しかし『iPhone』や『iPad』だけ使うユーザーにはあまり関係のない機能。それを差し引いても大幅なバージョンアップと言えるだろう。またiOSがクラッシュする問題も修正されている。頻繁にクラッシュに遭遇する人はアップデートしてみてはどうだろうか。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP