体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スタイリッシュな映像の裏側はまるで罰ゲーム? 『キリン 氷結 ストロング』新CMは松田翔太の体を張った演技とアナログな撮影手法に注目

スタイリッシュな映像の裏側はまるで罰ゲーム? 『キリン氷結ストロング』新CMは松田翔太の体を張った演技とアナログな撮影手法に注目

3月12日から放送を開始している『キリン 氷結 ストロング』の新CM。アルコール度数を8%から9%にアップしたリニューアルを機に、CMキャラクターに俳優の松田翔太さんを起用。松田さんが大量の水しぶきを上げながらスライドしていくスタイリッシュな映像が特徴です。このCMの舞台裏の情報を入手したのですが、現場ではスタイリッシュな映像からは想像もつかない過酷でアナログな撮影が敢行されていました。メイキング情報と合わせてご紹介します。

新CM 新CM

新CMの内容は、『キリン 氷結 ストロング』の缶を手にした松田さんが、黒を背景に大量の水しぶきを上げながらスライドしていき、最後には全身に水を浴びて駆け抜けていく、というもの。アルコール度数9%の飲みごたえとキレ味をイメージしているのでしょうか、男らしくてカッコいい。

撮影は屋外

撮影は室内で、CGの効果も加えて撮ってるのかな、と思ったのですが、実は撮影されたのは屋外。雪が舞う1月のマイナス1℃という極寒の中、撮影が敢行されたそうです。外にいるだけでも寒いのに、さらに水を浴びちゃうんですか?

滑っていく松田さん

水を張ったマットの上で助走をつけて滑っていく松田さん。

ヘリの風圧とバケツの水!

実はただ水を張っているだけじゃなくて、低空飛行するヘリコプターの風圧を受けつつ、さらに上から前後からスタッフがバケツで水をぶっかけてます! どんな罰ゲームだよ!

何度も水をかぶる松田さん 真剣な表情

ずぶ濡れになりながら、何度も水をかぶる松田さん。モニターをチェックする表情も真剣そのものです。水をかけられながら走り続ける撮影は合計70回にも及んだとのこと。松田さん、あんた男だよ!

お疲れさまでした!

撮影終了後には一転、満面の笑みを見せる松田さん。お疲れさまです!

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy