ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エルフの王子“レゴラス”にバッタリ会っても安心! 「エルフ語」講座を受けてきたよ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


マエ ゴヴァンネン!
2月28日(金)より、いよいよ日本でも公開となった超大作ムービー『ホビット 竜に奪われた王国』。本作は、長きに渡り人気を誇るJ.R.R.トールキンによるアドベンチャー小説の名作「ホビットの冒険」に基づく3部作の第2作目。前作に引き続き、大ヒットシリーズ『ロード・オブ・ザ・リング』の60年前の世界を壮大なスケールで描きます。

この『ロード・オブ・ザ・リング』や『ホビット』のシリーズでは「ホビット」という小人や「ドワーフ」「オーク」「ドラゴン」といった様々な種族が登場し、独自の言語を話す場面も。中でも特に人気が高いのは、魔法の力を持つとされている不思議な「エルフ」の種族ではないでしょうか。

その言語「エルフ語」を研究し、劇中の翻訳監修も担当された信州大学 人文学部  伊藤 盡(いとう つくす)准教授“エルフ語講座”を受けてきましたよ!

エルフ語とは?

エルフ語はエルフという生き物が自然界をどう理解しているか、世界をエルフの目で見たらどのように見えるのか、ということを考えながら、表現していった言語。※エルフ語の書体では読めないので、ローマ字形式で教えてくれます。

例えば、
・Mae govannen.(発音:マエ  ゴヴァンネン) 
直訳:佳き出会いです。→こんにちは。

・Sir i’waew toltha ross,~(発音:シル イッワイ トルサ ロス~)
直訳:今日は風が雨を持ってくるかもしれない~→今日は雨が降るかもしれませんが~

というように、エルフだったらどのような言い回しにするか、単語などを組み合わせて言葉、文章を組み立てたものです。
難しいように感じますが、「Good morning.」を「良い朝」ではなく、「おはよう」と訳すのと同じような感覚ですよね。エルフだったら……と感じ方や見方を考えるのも楽しいです。

そもそも「エルフ語」って?

エルフ語は小説「ホビットの冒険」や「指輪物語」の作者J.R.R.トールキン氏の創造言語の総称。なんだ、ただの想像のお遊びの言葉なのか、と思うと大違い。英語に関する教授職が3つしかない時代のオックスフォード大学で、教授になれない人がほとんどの中、トールキン氏は2つも教授職に就いた凄い人!  人類の英語に関する英知を体現するくらいの天才らしいです。

そんな天才・トールキン氏は、言葉は日常で使われるものなので、その言葉を話す(使う)者も創造し、言語を作り上げていきました。現代の日本語と千年前の日本語が異なるように、言語は変化していきます。トールキン氏は、話し手である人物がいる世界、その者達が過ごす中でどう言語が変わっていくか、別の種族と交わったとき、またはひとつの種族が分離したときに、どう言語が変化するかといった、何千年にもわたる言語の歴史を何十年もかけて“理論的に構築”していったというのです。そして言語の歴史を構築するとともに、その言語を話す者が生きるファンタジー世界の歴史も創造されたわけです。

なぜエルフ語になったのか?

トールキン氏は人々のエルフへの信仰を中世の文献から見出します。聖書にも登場し、賢く、魔力をもち、輝くほど美しかったといわれるエルフ。それは想像力豊かでロマンチストのトールキン氏が求めていた、ファンタジー世界のイメージにぴったりと当てはまったのかもしれません。

エルフ語をちょっとだけ紹介!

・Man i eneth lin.(発音:マン イ エネス リン)
→あなたのお名前は何といいますか?

・Im eneth nin ~(名前).(発音:イム エネス ニン~)
→私の名前は~です。または簡易的に“Im~(名前)”もあり。

・Cuio vae!(発音:クイオ ヴァエ)
直訳:良く生きて!→別れの挨拶

研究者がエルフ的に考えて生まれたのがこの別れの挨拶の表現。「さようなら、お元気で!」のようなニュアンスでしょうか。別れの挨拶も力強い印象ですね。

そして今回は特別に特殊な書体のエルフ文字で『ガジェット通信』の名前を書いていただいちゃいました!

こちらが「ガジェット通信」。エルフ文字にするとこんなにも気品漂うガジェット通信になるなんて!  文字からは魔力が伝わってきそう。いろいろな表現があるようですが、今回の書体は母音を文字の上の点で表すタイプ。

たとえばgとaは別々に、aとdjを縦に並べて、次にeとtを縦に並べる……。な、なんと「ガジェット」がg-adj-etとばらばらに表記されるんですって!  おまけに「通信」は日本語をそのままに「t-s-u〜-sh-in」とローマ字にして、これまたバラバラに書くのです。真ん中の下に伸びた長い線が「う」を長く延ばすことを表したりと、音と文字がリンクしているのも新鮮。


そして記者の名前nonも(こちらは、日本語として「ノ+ン」と表現)。名前なので飾り文字で仕上げていただき、優雅!  これを家の前に飾れば、エルフの警戒心を少し解くことができるかもしれません。

面白く、本当に素敵なエルフ語。まだ100%の完成形はないとのことなので、気軽に触れてみてはいかがでしょうか?
そしてエルフ文字をマスターすれば、学校での秘密の手紙を誰かに見られても安心! もちろん美しいエルフに出会ったときは役に立つはず。さあレッツトライ エルフ語!

伊藤先生に少しエルフ語を喋っていただきました!



動画URL http://www.youtube.com/watch?v=Ql1Rmed4mHo&feature=youtu.be

『ホビット 竜に奪われた王国』全国公開中
<3D/2D/IMAX3D同時公開 HFR3Dも公開(※一部劇場にて)>
オフィシャルサイト:www.hobbitmovie.jp

配給:ワーナー・ブラザース映画

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP