ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

共産党・小池晃議員が予算委員会で「ワタミが最低賃金の時給で募集」と告発 渡辺美樹議員は遁走!?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

3月5日、『しんぶん赤旗』のサイトに
ワタミ居酒屋 最賃と同額時給で募集 小池氏告発 体力ある大企業がこれではダメ

という記事が掲載された。

ワタミグループの居酒屋で、各都道府県の最低賃金と同額の時給でアルバイトが募集されていることが、4日の参院予算委員会の小池晃副委員長の質問で明らかになりました(表)。小池氏は「十分に体力がある大企業が最低賃金ギリギリで雇用しているような状態を放置していいのか」と安倍晋三首相に迫りました。
 小池氏は、最低賃金に張り付く時給は中小企業に限らず、大企業のグループ企業でも少なくないと指摘。ワタミグループの居酒屋の募集時給について、47都道府県の店舗の調査結果を提示。このうち、13都道府県の店舗で募集時給が最低賃金と同額でした。
 同日の予算委には、ワタミグループ創業者で自民党参院議員の渡辺美樹氏が出席していました。ワタミの低賃金の実態が取り上げられると、数人の自民党議員が渡辺氏を探し始めましたが、すでに退席していました。(略)

というもの。

当該の予算委員会の動画は参議院のサイトにアップされている。

参議院インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/[リンク]

発言者「小池晃」で検索し開催日2014年3月4日のところの「会議の経過・発言者等」のアイコンをクリックすれば見ることが可能だ。

集団的自衛権についての答弁の後、33分すぎより「景気回復のカギをにぎる賃上げの問題」について発言を行う。39分すぎより、「大企業が最低賃金に張り付いているケース」としてワタミグループを挙げ、ホームページを47都道府県全部調べたところアルバイトの募集の時給が13都道府県の店舗でその県の最低賃金と一緒だったとのこと。きっちり1円単位で最低賃金と同じにしているのがなんとも露骨で驚きである。

前出の記事に

「ワタミの低賃金の実態が取り上げられると、数人の自民党議員が渡辺氏を探し始めましたが、すでに退席していました」

とあるが、確かに苦笑している議員の姿も見受けられるようだ。

当然のようにこの渡辺議員の対応にはネット上で批判が集まっている。『Twitter』などでもこの記事に対して多くのコメントがついているが、
「渡辺議員の人間性がわかる」
「逃げ足はやすぎw」
「バツが悪かったんだろうな」
といったようなツイートがなされている模様である。

※画像は『しんぶん赤旗』のサイトより

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP