ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

無給に不満のある専業主婦が夫に相談した結果給料が支払われることに しかし家賃・光熱費を請求され赤字に!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


小町系コミュニティサイトにて今話題となっている書き込みがある。それは夫婦間の問題で、専業主婦が「専業主婦は無給で頑張っているんだ」と口論になり、結果的に旦那さんが「給料を支払う」と言いだしたのである。

ここまでは奥さん大喜び。朝食500円、夕食800円、雑務はまとめて1万円と取り決め1か月丸々働いて9万円になったそうだ。旦那さんから手渡された給料明細とともにある紙が奥さんに渡された。

それは「請求書」なるもので、家賃や光熱費、食材費などが書かれている。すべてあわせると14万円になるという。中には趣味に行く送迎(旦那さんの運転)代まで請求されていたという。旦那さん曰く「給料払うなら自分の使うお金の負担も当たり前」と言ったそうだ。

1か月家事を行い5万円の借金。

これに対して次のような意見が書かれている。
・あらら、ご主人が上手でしたね。しょうがない。素直にあやまりましょう。
・専業主婦は無給じゃなくて、家事をする代わりにその費用を負担してもらっている立場なんですよ。
・無給でがんばってるなんていうからですよ。
・夫の給与で生活しておきながら、無給で頑張っているって感覚が傲慢すぎるでしょう。

とこの専業主婦に対して非難の声が挙がっている。専業主婦ということはそれの生活を補っているのは旦那さんの給料だということを身にしみて分かったはず。

専業主婦は無給と言ったら
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2014/0227/645862.htm

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP