ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Androidスマートフォンと自動車を繋ぐ”Google Projected Mode”の存在がダイムラーの求人情報より判明

DATE:
  • ガジェット通信を≫

メルセデス・ベンツなどを手がけるドイツの自動車会社 ダイムラーの求人情報より、「Google Projected Mode」と呼ばれる自動車の車載システムとAndroidスマートフォンを繋ぐ新しい仕組みが開発されていることが明らかになりました。「Google Projected Mode」という名称から、この機能の開発にはGoogleも絡んでいると推測されます。Googleの自動車に関連する取り組みとしては、今年1月に米国で行われたCES 2014イベントで、自動車へのAndroidの導入を推進する目的で、「Open Automotive Alliance:OAA)」という団体の設立がGoogleより発表されました。現在、そのメンバーにダイムラーは含まれていませんが、OAAに関する取り組みの一環だと推測されます。求人募集の要項では、「Google Projected Mode」はAndroidスマートフォンとメルセデス・ベンツの車載システムをシームレスに連携させるテレマティクス分野の革新的な技術とされており、Androidスマートフォンの着信やメール、メディアコンテンツ、ナビ情報を転送して表示したり、操作することができると記されています。また、この機能は全世界で販売される全てのメルセデス・ベンツ車で利用できるようになるとも記されています。Source : ダイムラー



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、音波を用いたチェックインソリューション「Air Stamp」をモバイルサービス事業者向けに提供開始
HTC、TwitterとFacebookでM8のティザー画像を公開
Google、WEB版Googleドライブに音声によるテキスト入力機能を追加

juggly.cn
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP