ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カフェで気軽にカウンセリング! 心理カウンセラーのいる“ココロゴトカフェ”で体も心もエネルギーをチャージ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


みなさんは毎日美味しくごはんを食べることができていますか? 心が疲れてしまっていると、五感などの感覚が鈍るというウワサもあります。ごはんの味がわからなくなったりしていませんか? そんなストレスの多い現代社会で、心が疲れてしまった人たちに、少しでも美味しいごはんを食べてもらえるようにと、新しいカフェ“ココロゴトカフェ”が東京・中目黒にオープンしました。

このカフェは電通こころラボ(Dentsu Psychological Lab)が、企画・プロデュースしたもの。心理カウンセリングというと、病院やクリニックなど医療機関を思い浮かべ、少しハードルが高く感じてしまう人もいるはず。しかし、心のケアサービスの提供場所を“カフェ”にすることで、心理カウンセリングに対するハードルを下げ、今まで心理カウンセリングに接点を持たなかった人でも気軽に来店できるようにとの思いで“ココロゴトカフェ”ができました。


提供されるメニューは、電通総研『食生活ラボ』監修のもと、プロフェッショナル心理カウンセラー、通称“聴くプロ”と料理研究家が共同開発。フード、スイーツ、ドリンクメニューはそれぞれ、お客さんのそのときの気分や心の状態に合わせて「赤・黄・青・緑」の4色から選べるかたちになっています。

例えば、 赤はやる気や行動力、情熱の意味合いを持つ色。赤の力で前を向く「サーモン・アボカド丼」をランチに食べてやる気をあげてみたり、リラックス・調和などの意味合いの緑を取り入れた「グリーンロールケーキ」でティータイムをゆったりと過ごすなど、そのシーンや心の状態に合わせてメニューをチョイスすることができるのが面白いところ。


そして、来店したお客さんと心理カウンセラーとのコミュニケーションツールとして、各テーブルにスケッチブックを設置。“木をお絵書きする心理テスト”や、“コースターの色を選ぶことで今の自分の心の状態を把握する心理テスト”を無料で楽しむことが可能です。

また、本格的なカウンセリングを望むお客さんには有料でのカウンセリングメニューも用意。60分~120分間、個室でじっくりカウンセリングを受けられます。


他にも、もう少し気軽な簡易的カウンセリング『ココロトーク』メニューも。こちらはミニチュアやクレヨン、写真を使って、少し遊ぶように楽しみながら“聴くプロ”と対話するもの。これなら初めての人も気負いなく受けることができそう。むしろちょっと楽しそうです。

食事もスイーツも、ドリンクメニューだって充実している“ココロゴトカフェ”。「ノンシュガー甘酒アイス」や「ブルーマロウティー」といった名前や見た目だけでも気になるメニューもあるので、それを目当てに気軽に足を運んでも良さそうです。おなかと一緒に、心にもごちそうを与えるカフェ体験をしてみては?

【ココロゴトカフェ】
住所:東京都目黒区上目黒3-1-4 グリーンプラザ5F ASOBI内
中目黒駅 徒歩1分
営業日:土、日、月のみ開店
営業時間:11時~17時(ラスト・オーダー16時)
電話番号:03-3486-8226(カウンセリングの予約、内容に関するお問い合わせなど)

カフェ詳細はコチラ
http://www.kikupro.jp/kokorogotocafe/index.html

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP