ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、3辺狭額縁デザインを採用したシャープ製Androidタブレット「AQUOS PAD SHT22」を本日発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDIは2月26日、3辺狭額縁デザインを採用したシャープ製Androidタブレット「AQUOS PAD SHT22」の販売を開始しました。au Online ShopにおけるSHT22の販売価格は63,000円です。毎月割の適用金額は1,785円/月(総額42,840)で、24か月使用した場合の実質負担金額は20,160円になります(新規契約、auスマートパス加入時)。AQUOS PAD SHT22は、Android 4.2.2(Jelly Bean)を搭載した小型LTEタブレットです。ディスプレイ外枠をできる限り削ってスリム化を図った「EDGEST」デザインが大きな特徴です。ディスプレイは7インチ1,920×1,200ピクセル(WUXGA)のIGZO液晶を搭載。SHT22はSnapdragon 800 MSM8974 2.26GHzクアッドコア、2GB RAM、1,310万画素カメラを搭載するなど、ハードウェアスペックはAQUOS PHONE SERIE/SERIE mini並みなので、性能には満足できると思います。SHT22では新たに「Passtock」と呼ばれるスマートフォンとの連携機能が追加されています。Passtockはスマートフォンの画像やURLなどをWi-Fi Direct機能を利用して、画面上の「共有ボタン」→「ストックする(Passtock)」を選択するだけでタブレットに同期できるほか、タブレット上で電話番号をタップすると、スマートフォンから発信し、タブレットではWEBページの閲覧を継続することができます。Source : KDDI



(juggly.cn)記事関連リンク
PCのローカルストレージに保存した動画ファイルをChromecastにストリーミングできるChromeアプリ「Videostream for Google Chromecast」が公開
MWC 2014 : HP、2014年5月よりSlate 6/Slate 7 VoiceTabを欧州と中東で発売、2年間無料のデータ通信サービス「HP DataPass」もバンドル
ドイツでGalaxy S 5の予約受付が開始、価格はXperia Z2と同額

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP