体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『アメリカンヴィンテージ』ファイナルの『アメリカンファンキーBBQ ビーフ/チキン』を発表会で試食レビュー 自称アメリカ通のアイツも現れた

『アメリカンヴィンテージ』ファイナルの『アメリカンファンキーBBQ ビーフ/チキン』を発表会で試食レビュー 自称アメリカ通のアイツも現れた

マクドナルドで展開中の『アメリカンヴィンテージ』キャンペーン。そのファイナルとなる『アメリカンファンキーBBQ ビーフ』と『アメリカンファンキーBBQ チキン』が2月18日から期間限定で発売されました。発売前日となる2月17日、都内某所で発表会と試食会が開催されたので、一足先に味わってみましたよ!

テリー伊藤さんと益若つばささん

『アメリカンヴィンテージ』キャンペーンは、1950年代から80年代の“古き良き時代のアメリカ”をコンセプトにしているのが特徴で、ファイナルの製品は“ポップカルチャー”や“ポップミュージック”全盛の華やかな80年代をイメージしているとのこと。発表会には80年代風のポップでカラフルな衣装に身を包んだテリー伊藤さんと益若つばささんがゲストで登場し、花を添えていました。

誰?

あれ? なにやら見覚えのある人物が視界に入ったような……。

BBQソースがポイント

話を戻します。今回の新製品は、アメリカを代表する料理のひとつである「BBQ(バーベキュー)」の味わいをテーマにしているとあって、BBQソースが味わいの大きなポイント。次の10種類のスパイスやハーブをブレンドしたスペシャルソースが使われています。

・ブラックペッパー
・ガーリック
・オニオン
・ジンジャー
・ナツメグ
・クローブ
・唐辛子
・シナモン
・セロリシード
・ローレル

これらが織り成すスモーキーでスパイシーなフレーバーが、「アメリカンファンキー」たるゆえんなんですね。

まず外観をチェック

外観をチェック

早く食べたいところですが、まずは外観をチェックしていきましょう。

アメリカンファンキーBBQ ビーフ

『アメリカンファンキーBBQ ビーフ』は、2枚の100%ビーフパティにチェダーチーズ、グリルしたベーコン2枚、レタス、ピクルスといったハンバーガーの定番具材を使用。下のバンズには目玉のBBQソースをたっぷり使い、具材の上にはマスタードレリッシュが添えられています。うまそう。

アメリカンファンキーBBQ チキン

『アメリカンファンキーBBQ チキン』は、分厚いチキンパティにチェダーチーズ、レタス、ピクルスを使ったチキンサンドイッチ。こちらもたっぷりのBBQソースとアクセントのマスタードレリッシュが使われています。こっちもうまそうです。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。