ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ふなっしーがタモリと対談で「オススメの場所は台湾!」 船橋は?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


本日の『笑っていいとも!』の内の“じっくり話し太郎”はタモリとゲストがじっくり話会うというコーナーであった。昔タモリと明石家さんまのトークの際に使っていた丸テーブルで囲み立ちながらのトークスタイル。

そして本日のゲストは、ふなっしーだった。そんなふなっしーとのトーク。タモリは冒頭からふなっしーに突っ込みまくりで「ゆるキャラなのになんでしゃべるの?」とタモリが質問するとふなっしーが声を出すことになったきっかけを話し始めた。

そのきっかけとは、イベントの際にゆるキャラとして紹介された時にアテンド(付き添い)の人がおらずに、自分で自分のことを紹介することになってしまったのである。そのときに発した言葉が「ふなっしーなっしー!」である。

また先日、ふなっしーが海外に行った時の話では「税関で職業を聞かれてアクターと聞かれたなっしー!」と答えていたふなっしー。「機内食は後ろから食べる」「このまま税関通る!」と本当かウソか分からない話ばかりを繰り広げていた。本来ならパスポートチェックがあるのでそのままでは通れないだろう。

最後にオススメの場所として「台湾に是非行って欲しい」と語ったのだが、船橋市(非公認)のゆるキャラとしては船橋市を推すべきだったのではないだろうか? ネットでも「船橋推せよ」という声が相次いでいた。ふなっしーらしい面白くゆるいトークであった。

過去にふなっしーが台湾の番組で紹介された際に、アナウンサーが爆笑してしまったことがある。その記事は下記を参照。

(動画)台湾のニュース番組でふなっしーが紹介されるもアナウンサーが爆笑して吹き出す

※画像はふなっしー劇場より引用。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP