体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マンション選びの判断材料のひとつに!? ブリヂストンが免震体験車をお披露目

bridgestone_20140206_01

新築マンション選びなどで目にする機会が増えてきた「免震構造」というキーワード。しかし「耐震」との違いなど正確に把握していないという人の方が多いのではないでしょうか。
そんな中、ブリヂストン免震体験車を製作。2014年2月6日にパシフィコ横浜で開催された震災対策技術展でお披露目され、来場者が乗車して「耐震」と「免震」の差を体感することができました。

bridgestone_20140206_02

建造物の下に取り入れることで揺れを吸収し、オフィスビルやマンションから歴史建造物まで導入されている免震ゴム。ブリヂストンは国内トップシェアのメーカーですが、認知が追いついていないということもあり製作されたのが、この免震体験車。
大型トラックにディーゼルエンジン駆動の発動発電機や体験装置、大型液晶TVや地デジアンテナなどを装備しており、いざという時には情報拠点としても活用できるとのこと。制作費用は非公表ですが、ブリヂストンの西田淳一インフラ資材販売促進部長によると「マンション一戸分」は費やしているという大掛かりなものになっています。

bridgestone_20140206_03

体験できるのは東北地方太平洋沖地震と、兵庫県南部地震、そして想定される南海トラフ巨大地震。それぞれの波形データをもとに、14階建てマンションの8階の部屋を想定した揺れを再現します。

bridgestone_20140206_04

体験スペースは4人分の席があり、テーブルには揺れに耐えるためのバーが…。正面にはフラットビジョンとLEDが設置されています。

ブリヂストン免震体験車お披露目(2014年2月6日) – YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=4FiG7UqTm1Q& [リンク]

震災対策技術展では、このうち東北地方太平洋沖地震の揺れを再現。
まずは耐震構造のマンションから開始。タテにもヨコにも強い揺れが襲います。少し揺れが落ち着いたところでさらに第二波の大きな上下動がやってくるあたりも忠実なほか、画面には同じ揺れの際のマンションの部屋の様子と波形が表示されるので、身体と視覚の両方で揺れを体感できます。
筆者も乗車しましたが、撮影している余裕がないほどで、地震の恐ろしさを思い知らされることに。先に乗ったスタッフの皆さんが表情を動かさないのを見てナメてました…。

bridgestone_20140206_05
1 2次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。