ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ガングロギャルが踊りまくる!? すいみん不足、コンピューターおばあちゃん……選曲がアラサーホイホイ!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


あなたは「ガングロギャル」を覚えていますか? 1990年代後半から2000年にかけて流行したギャルファッションの一つで、顔を真っ黒に日焼けさせたり、褐色のファンデーションを塗り、白系のリップやアイシャドウでメーク。改めて見るとなかなか衝撃的。今思うとなぜアレが流行ったのか? って感じではありますが、流行ってそんなもんですよね。

そんな「ガングロギャル」の姿を2014年の今、久しぶりに発見! 制服姿にパステルカラーのヘアスタイル、ゴチャゴチャのキーホルダーだらけのバッグ。これぞガングロギャル! しかもこの動画のギャル達、ものすっごい勢いで踊り狂ってるんです。


しかも踊っている曲がアニメ『キテレツ大百科』の主題歌でおなじみの「すいみん不足」。「今日もいつものすいみん不足、頭が痛くなっちゃうよ♪」ってアレです。「すいみんすいみんすいみんすいみん、すいみん不足♪」と繰り返されるフレーズが印象的ですよね。

ガングロギャルに扮し、キレッキレのダンスを披露しているのは「TEMPURA KIDZ」。きゃりーぱみゅぱみゅの振り付けを担当しているダンサー「まいこ」監修のもと日本のみならず世界からも熱い視線を集めている、ダンスユニットなのだ。極彩色の衣装やカラフルで独特の世界観を描いたPVは、注目の的。「ピザハット」のCMで見た事ある人も多いかも?

「すいみん不足 Suimin Busoku ~need more sleep~ (Japanese high school gals show an outrageous dance)」にも海外からのコメントが多く寄せられています。

この楽曲が収録されるのは3月11日に発売される、TEMPURA KIDZのカバーミニアルバム「みんなのだんすうた」。「すいみん不足」の他にも、「コンピューターおばあちゃん」「グーチョキパーでなにつくろう」など、懐かしい曲ばかり。特にアラサーがグッとくる選曲が超ナイスです。「ぼくのおばあちゃんは明治生まれのコンピューター♪」ああ、懐かしい。

しかも、楽曲のプロデュースを担当するのが、ORESKABAND、キヨサク(MONGOL800)、CHI-MEY、HIFANA、YMCKとこれまだアラサーホイホイ! スカ、パンク、エレクトロ……それぞれの個性的なアレンジは、聴いているうちに思わず踊りだしたくなっちゃう楽しさなのです。懐かしのメロディに身を委ねて騒ぎまくっちゃおうぜ!


ちなみに「TEMPURA KIDZ」のメンバーは5人で全員ガングロギャルの格好をしていますが、一人はれっきとした男の子。どの子がそうなのか、推理しながら見てみるのも面白いかも。

3月には東名阪でワンマンライブツアー「〜おままごとじゃないし。〜」も開催決定。生でキレキレダンスを見てみたいあなたはこちらも要チェックですよ!

TEMPURA KIDZ
http://tempurakidz.asobisystem.com

※画像はYouTube「すいみん不足 Suimin Busoku ~need more sleep~ (Japanese high school gals show an outrageous dance)」より引用。

カテゴリー : エンタメ タグ :
藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP