体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【お取り寄せ】大粒“ぶどう”がそのまま入った『ニューピオーネカレー』! 意外と効いてるスパイシーさとフルーティーさが絶妙にマッチ

生活・趣味
ニューピオーネ_05

今回のお取り寄せ商品は『ニューピオーネカレー』。「ピオーネ」というのは、巨峰とマスカットを掛け合わせて生まれたぶどうの品種。巨峰よりも大きい大粒の果実の中に濃厚な旨味をたたえた果汁、爽やかな香りが特徴で、「黒い真珠」とも呼ばれるぶどうです。そのピオーネをさらに種無しに育てたものが「ニューピオーネ」。そんな美味しいぶどうを使用し、岡山県ではカレーを作ってしまいました。
岡山県のぶどうは白桃と肩を並べ高い品質を誇っています。でもそれをカレーに入れるなんて……。美味しいぶどうとカレーはマッチするのか? 岡山フルーツカレーシリーズ『ニューピオーネカレー』をお取り寄せ!

ニューピオーネ_04

カレーには岡山県瀬戸内特産のニューピオーネを使用。

ニューピオーネ_02 ニューピオーネ_01

ルーの見た目は普通のカレーですが、中には大粒のニューピオーネの課粒がごろりと入っていてびっくり。レトルトパウチを温めすぎると果粒が崩れてしまうので注意。ニューピオーネのさわやかな風味と味わいを楽しめるフルーツカレーです。

食べてみた感想は?

・スパイシーなカレーにピオーネの果肉がゴロゴロと入っている。一口食べるとピオーネの甘みが存分に感じられ、食べ進めて行くとカレーのスパイシーさが味わえます。

・主張しすぎない自然な甘みのあるカレー。そのままでももちろん美味しくいただけますが、好きなトッピングをのせてもうまくマッチしそう。フルーティーさだけではなくスパイシーさも忘れない逸品。

・ 一口目の甘みは、白ワインのような上品な口当たり。後から押し寄せてサッと引く辛さと交互に楽しめます。

・ぶどうの果肉が入っているのに、かなりのスパイシーな仕上がり。ワインを隠し味にする感覚かな?と思えば納得のお洒落なカレーです。

・最初はまろやか、のちにスパイシーさが広がるという感じ。フルーツ入りカレーにしては甘みは控えめです。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会