ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

浅野忠信、DIR EN GREY京が出会いと衝撃を語る! 映画監督「ホドロフスキーとは何者か?」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

THIS-IS-ALEXANDRO-JODOROWSKY-vol.1
『ホーリー・マウンテン』『サンタ・サングレ/聖なる血』などカルト的な人気を誇る、チリ出身の映画監督アレハンドロ・ホドロフスキー。漫画家・大友克洋氏と交流があると言われており、三池崇史監督の映画にコメントを寄せるなど、日本に対し造詣が深いと言われています。

6月にドキュメンタリー『ホドロフスキーのDUNE』、7月に23年ぶり(!)の 新作『リアリティのダンス』が連続公開、4 月には来日も決定しています。

公開、来日にさきがけ、ホドロフスキーの魅力に迫るフリーペーパー、 通称“ホドロフスキー新聞”が完成。浅野忠信さん、宇川直宏さん、DIR EN GREY 京さんらがホドロフスキー愛を語るディープな内容となっています。

VOL.1 は、著名人がホドロフスキーから受けた衝撃を語り、映画監督だけ でなく、漫画の原作家やタロット研究家など多くの顔を持つ、謎の多いホドロフスキー監督の魅力に迫った「ホドロフ スキーとは何者か?」特集。映画館などでの設置のほか、作品公式サイトよりPDFでの配布も開始。近くに映画館が無い人でも楽しむ事が出来ます。

■豪華執筆陣&記事内容

・ホドロフスキーとは何者か? Text: 柳下毅一郎(映画評論家、特殊翻訳家)

・ホドロフスキー・ショック!~私はあの時、初めてホドロフスキー作品と出会った。
浅野忠信(俳優)
戌井昭人(作家・鉄割アルバトロスケット)
宇川直宏(DOMMUNE)
京(DIR EN GREY/sukekiyo)
楠本まき(漫画家)
須田剛一(ゲームデザイナー)
滝本誠(評論家)
ニコラス・ウィンディング・レフン(映画監督)
柳下毅一郎(映画評論家・特殊翻訳家)

・ホドロフスキー宅を訪問して Text: 浅井隆(アップリンク社長)
・FILMOGRAPHY Text:柳下毅一郎(映画評論家、特殊翻訳家)
・COMICS Text:原正人(翻訳家)

この後、4月初旬に『ホドロフスキーのDUNE』特集の VOL.2、6月初旬には『リアリティのダンス』特集のVOL.3の全 3号を発行予定。日本を代表するクリエイター、アーティスト達が魅せられるホドロフスキーの世界をフリーペーパーで味わっちゃいましょう。

■“ホドロフスキー新聞”PDF を配布中!
http://www.uplink.co.jp/jodorowsky/
(設置場所)新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷アップリンクほか、都内映画館など

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。