ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【2014年02月03日~02月09日あなたの運勢】ガジェ通12星座占い ベスト3

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


タロット占い『Nikolaschka (ニコラシカ)』が、今週1週間のあなたの運勢を占います。2014年02月03日~02月09日の運勢 星座別ランキングはこちら!

第1位:魚座

運気は好調傾向。美容や健康に気を付けるようにすることでさらに上向きになりそうです。ただし新しい美容法や健康法を試すときには慎重になったほうが良いでしょう。週末は家に引きこもらずに外に出掛けると吉。興味を引かれるような新たな刺激が得られそうです。

第2位:蟹座

運気は好調。特に対人運が上昇しているようです。これまでうまくいかなかったことも協力者が現れるなどして希望が見えてくるでしょう。人との交流の場には積極的に参加して吉。新たな人脈を広げるよりもこれまで築いてきた関係をより深めることに注力しましょう。

第3位:乙女座

感性が冴えているときなのでできるだけいろんなものと触れ合い良いところを吸収する機会を作りましょう。物事を一面から見るのではなく多角的にとらえることが成長の鍵となりそうです。好奇心をくすぐられるものに積極的に関わって吉。ただし無計画なのは禁物。

12星座すべてのランキングを見たい方は、今日のガジェ通12星座占いの全結果をこちら( http://getnews.jp/archives/506975 )からご覧ください。


第4位以下のランキングはこちら!

第4位:山羊座
真面目な言動が相手に良い印象を与えるポイントとなるでしょう。状況により場の空気を読むことも大切に。冗談のつもりでも他者を批判したり下げるような発言はあなた自身の評価を思わしくないものにする要因となるので気を付けて。話し役より聞き役に回るが吉。

第5位:蠍座
過去にやり残したことや中途半端なままに終わらせてしまったことに再挑戦するチャンスがめぐってくるかもしれません。過去の悪いイメージを引きずらないようにしつつ参考にできることは取り入れるバランス感覚が重要。ときには慎重であるよりも大胆である必要も。

第6位:天秤座
週の前半は思いどおりにいかないことが多くさらに計画していたことが頓挫するなど不満が溜まりそうな出だしとなりそうです。しかし週末から運気は上昇傾向。新しく知り合った人がラッキーパーソンとなるでしょう。さまざまなところで気付きを与えられそうです。

第7位:水瓶座
今は大きな動きをせず足許を固めるのを優先させたほうが良いでしょう。周囲の意見にしっかり耳を傾けることも重要です。ただし譲れない部分までブレることがないように。また連絡ミスでのすれ違いは信用度を落とすことにつながりかねないのでくれぐれも注意を。

第8位:獅子座
自分の知識や技量の不足を痛感し自信喪失する出来事があるかもしれません。そこでただ落ち込むのではなく向上心に切り替えることが運気上昇の秘けつです。新しいことへの挑戦は吉と出ているので恐れずにチャレンジしてみましょう。人を頼りにし過ぎるのは禁物。

第9位:牡牛座
自分の嫌な面と向き合う場面があるかもしれません。目を背けずこの機会に克服しておくことがこれから先の為に重要。時間は掛かっても腰を据えて取り組みましょう。外見や体面ばかりを気にしていると本当に大切なものを見失うことになりかねないので注意が必要。

第10位:双子座
自分の楽しみよりも他者の為に骨身を削る週となりそうです。そのため我慢することも増えストレスが溜まる兆し。適度に解消していくことが肝要です。無理に自分の行動を優先しようとすると後でしわよせがきて苦労することに。小さな楽しみを見つけることが大切。

第11位:牡羊座
運気は低調気味。周囲との争いはできるだけ避けるようにしましょう。意見が対立しても自分の主張をごり押しして反駁するのではなくうまく双方歩み寄れる折り合いを見つけることが肝要です。何故分かってもらえないのかと考えるのではなく相手を理解する努力を。

第12位:射手座
運気は低調気味。これまで積み重ねてきたことを最初からやり直すような事態が発生するかもしれません。しかしコツコツとまた積み重ねていくしか解決方法はないようです。精神的なゆとりを残しておくためにもあまり手を広げ過ぎず少し余裕を持たせることが大事。

占い提供:『Nikolaschka (ニコラシカ)』

カテゴリー : エンタメ タグ :
nikolaschkaの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://nikolaschka.x0.com/top/

TwitterID: nikolaschka0815

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP