ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

次期Androidバージョンでは「ART」がデフォルトランタイムになる可能性大

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 4.4(KitKat)で実装された新ランタイム「ART」がAndroidの次期メジャーアップデート版でデフォルトランタイムになるとの予測が伝えられています。この話は、GoogleのBrian Carlstrom氏によって「libart.so」をデフォルトランタイム化するパッチがAOSPにコミットされたことで予想されていることです。Android 4.4.xでは現在、従来のDalvik(libdvm.so)とART(libart.so)の2つから利用するランタイムを選択できるようになっていますが、ARTは開発者向けのプレビュー提供という形で実装されているだけで、正式にはまだリリースされていません。そもそもARTはDalvikの後継として開発されているので、ARTが今後のAndroidバージョンのデフォルトランタイムになるとは発表時から考えられています。早くもその動きが見られたというのが今回の情報になります。Google、Android 4.4(KitKat)に新しいランタイム「ART」を導入Source : AOSP



(juggly.cn)記事関連リンク
スマートLED照明「Philips hue」がAmazonやザ・コンランショップなどでも発売
SonyブランドのXperia Z UltraをGoogle Play Edition化する方法
Samsung、Google Play for Educationに対応した教育機関向けGalaxy Tabを発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP