体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『てさぐれ!部活もの あんこーる』石ダテ コー太郎監督インタビュー

石舘光太郎監督

現在、日テレにて放送中のアニメ『てさぐれ!部活もの あんこーる』。『てさぐれ!部活もの』は、2013年10月に一期が放送されたCGギャグアニメで、CGを駆使した独特のアニメーションや、キャストのアドリブパート、衝撃的な歌詞のオープニングなどが話題を呼んだ。『あんこーる』は1月から放送開始された2クール目となる作品。今回は、制作の合間を縫って石ダテ コー太郎監督に『あんこーる』製作状況や改名の真意などについてインタビューしてきた。

『てさぐれ!部活もの あんこーる』について石ダテ監督に聞いてみた!

――早速ですが、二期が始まってのお気持ちは。
石ダテ:二期が始まったという感覚もあまりしてないんですよね。ずっと2013年が続いているというか。作品では結愛たちがパラレルな時空になりましたが、現実では僕とたつきくんが一番パラレルな世界にいると思います。

――制作は一期からずっと続いている感じですか?
石ダテ:ずっと続いています。なんならダブルブッキングになっちゃってるんです。スケジュール見るとこの日は台本も書くし音声編集もすることになっていて、どっちやればいいんだ、みたいな状況がずっと続いていて、色々無理していますね。

――最終話で結愛のブローチや時計の文字盤の話などありましたが意図したものだったのでしょうか。
石ダテ:結愛のブローチつけ忘れは想定外でした。作業工程として、ひーなの飲み物と結愛のブローチは、映像作った後に上から載せなきゃいけなかったんです。1話、2話は特に制作時間が足りなかったのでどうしても間に合わなくて、リテイク時の優先順位として結愛のブローチは諦めていいです、ひーなの飲み物も無いカットがあってもいいです、ただ表情はできるだけかわいくしてあげてください、という話にしました。ひーなは謎スライドしてたりするんで、いろんなミステリアスがあっても都合が付けられるからいいかな、と。部長も性格的にブローチつけ忘れたりしそうですし。OPの文字盤はミスでしたが、今までの芸風として最後夢オチだったという選択肢も残しておきたくて、その後のユーザーリアクションやアドリブパートの展開を見て夢オチが一番いいようであればそうしようと思っていました。なのであえてパッケージでも文字盤、カレンダー直さなくていいということにしました。

――2番の歌詞にありますが、作品における一番すごい「偶然が生んだ産物」は?
石ダテ:アドリブパートは毎回そうですよね。例えばあんこーる#2でこはるんが言った「どんちき」とかもそうですし。あんこーる#3でキャストのクレジットがドンチキ田中とニップレ鈴木になるっていう遊びとかもそうですね。台本を書いた後に収録、音声編集があって映像に投げるプレスコのスタイルなので、キャストさんが面白がっていたところはその後の行程で反映できるんです。あとは下ネタですかね(笑)ある程度は想定していましたが、ここまで多種多様な下ネタで盛り上がるとは思っていませんでした。

――二期に突入しましたが、最初の印象と一番違うキャストの方はどなたですか?
石ダテ:実は、一番びっくりしたのは明坂さんです。明坂さんと3年前一緒にやっていた作品では、サッカーで言うとワントップのフォワードタイプだったんです。ゴールしか見ていなくてストイックに自分を追い込むというプレースタイルでした。それが、前に『電波諜報局』でお会いしたときにすごく視野が広くて色々なポジションが出来るプレイヤーに成長しているように感じたんです。わずか2~3年でここまでプレースタイルが変わるほどに成長していたのがびっくりで。今回は、ボランチ的なポジションですよね。みんなに引き出しを開けさせてそれを受けてやっつける、横綱相撲ができるようになった。それがものすごく頼もしくて。20代半ばの女性、しかも声優さんのスキルとしては衝撃的ですよね。常にすごく思い描いている理想も高い方だと思います。

――基準も突飛な動きもできる。ボールの拾い方も上手ですよね。
石ダテ:足りないところを補えて、いざとなれば自分でゴールも狙えるという。みんながおかしな会話で盛り上がった時はサッと引いて、終わってから一言足してなんとかすることも多いですし。キャラクターを一番守ってくれているのも明坂さんです。スラムダンクで言えば仙道がガードになった時のような感じでしょうか(笑)

1 2 3 4次のページ
srbnの記事一覧をみる

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy