体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新年早々豪華アーティストが集合! 今年も大盛況な『リスアニ!LIVE-4』ライブレポート!

エンタメ
1日目エンディング

1月25日、26日に日本武道館にて『リスアニ!LIVE-4』が開催された。『リスアニ!LIVE』は2010年から開催されており、今回が4回目の開催となる。『リスアニ!LIVE』の大きな特徴は何と言ってもやはり生バンドでの演奏だ。ギター、ベース、ドラム、キーボードはもちろん、アーティストによってはトランペットやバイオリンなど様々な楽器の演奏があり、アニソンファンのみならず音楽ファンも楽しめるイベントとなっている。そして今年はなんとMCに吉田尚記(ニッポン放送)と鷲崎健の東西2大アニメイベント司会者が揃い踏みするという豪華な司会に、イベント前から一部ネットで大きな話題を呼んだ。

『リスアニ!LIVE-4』には2日間で14組のアーティストが登場し、武道館を盛り上げた。その様子を出来る限りお伝えしていこう。

1日目アーティスト

スフィア

寿 美菜子、高垣彩陽、戸松 遥、豊崎愛生

1.Sticking Places(『勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。』エンディングテーマ)
2.HIGH POWERED(『侵略!?イカ娘』オープニングテーマ)
3.Futures Stream(『初恋限定。』オープニングテーマ)
4.Planet Freedom
5.GENESIS ARIA(『アラタカンガタリ〜革神語〜』オープニングテーマ)

去年は大トリを務めたスフィアが今年は開幕アーティストとして登場。 青を基調としたペンライトの海に、4人それぞれのカラーが散りばめられ、武道館がまるで宇宙から見た地球のような景色へと変貌したところから『リスアニ!LIVE-4』がスタートした。今年で5周年というスフィアは、デビュー曲を含む5曲を披露。翌週に再び武道館でライブを行うなど、記念すべき5周年に色々な活動を行う予定であることを発表した。

春奈るな

春奈るな

1.Overfly(『ソードアート・オンライン』フェアリーダンス編エンディングテーマ)
2.TRUE STORY(ゲーム『AKIBA’S TRIP2』主題歌)
3.Snowdrop(『〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』エンディングテーマ)
4.アイヲウタエ(『〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』エンディングテーマ)

春奈るな全体
1 2 3 4 5 6 7 8 9次のページ
srbnの記事一覧をみる

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会