ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

六本木ランチ:カリふわのフォアグラ丼に対し副菜とのバランスに課題。ーー鉄板焼 開化屋 (ボリューム:★3 雰囲気:★3)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫
開化屋のフォアグラ丼

ガジェット通信スタッフによるランチレポート。本日紹介するのは六本木ヒルズにある「鉄板焼 開化屋(かいかや)」さんです。

ランチレポ:鉄板焼 開化屋

某コンビニの弁当が発売中止になるなど、微妙にフォアグラへ注目が集まっている昨今、フォアグラを丼として提供する面白いお店を見つけた。なお、このランチは土・日・祝の限定メニューとなっている為、気になる方は映画やショッピングと絡めて利用されるといいだろう。

■ランチタイム:11:00~15:00
定休日無
■アクセス:日比谷線六本木駅 徒歩1分

フォアグラ丼全景

たべたもの「フォアグラ丼」

■たべたもの:フォアグラ丼
■値段:2500円
■内容:フォアグラ丼、小鉢、サラダ、豆腐となめこの味噌汁、漬物
■食べた日時2014年1月25日土曜日13時30分入店

ボリューム

★★★☆☆

フォアグラへのイメージからボリュームは気になっていたが、そこは問題無し。鉄板焼の肩書きは伊達じゃなくフォアグラの焼き具合は素晴らしい。高温の鉄板で一気に焼かれることで、表面はカリッと仕上がっているものの、熱は内部にしっかりと伝わり、ふわふわトロトロとした食感を楽しめる。丼のタレは豆板醤だろうか、ピリッとした作りで口の中をリセットしてくれる。ただし少しクセがあり賛否両論ありそうだ。また、脂が気になる場合には山椒も用意されており利用するのもいいだろう。
残念過ぎるのが副菜群だ。どれも片手間に作った感じで、なまじフォアグラ丼が隣にいる関係で、その駄目さ加減が引き立ちセットの魅力を大きく落としている。単品メニューにも『フォアグラ丼』(1800円)が用意されているが、丼自体の構成も変わるようなのでご確認頂きたい。

お店の雰囲気とサービス

★★★☆☆

さすが六本木ヒルズということで、ゆったりとした雰囲気で食事を楽しむことが出来る。また、外国人スタッフも常駐しているようで、海外からのお客様を招くのにもいいだろう。

評価

ボリューム:普通。
オーダーの早さ:10分程度。
混雑具合:余裕有り
その他:カード利用可。

その他の写真

開化屋さん店構え 開化屋さん店内の様子

ごちそうさまでした。

※データ・掲載情報は取材日時のもので、変更されている場合があります。
※記事内容は記者自身の感覚に基づくものです。

詳細情報

店名:鉄板焼 開化屋(てっぱんやき かいかや)
ランチメニュー:

和牛ハンバーグ    1600円
チーズハンバーグ   1800円
サーロインステーキ丼 1800円
厚切りフィレステーキ 2200円

ランチコース
山茶花(さざんか) 2400円
菖蒲(あやめ)   3200円
山吹(やまぶき)  4800円

※上記は全て土・日・祝専用ランチメニュー。平日は別メニューです。

電話:03-6804-3025
場所:〒106-6105 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウェストウォーク 5階
席数:66

店舗情報:http://teppanyaki-kaikaya.jp/



おいしいランチ情報を編集部に教えてください

おいしいランチの情報をガジェット通信編集部までお寄せください。
店名、最寄り駅、お店のURL、あなたからの推薦コメントを添えて、ガジェット通信の情報提供フォームから投稿お願いします。

ガジェット通信情報提供フォーム

※データ・掲載情報は取材日時のもので、変更されている場合があります。
※記事内容は記者自身の感覚に基づくものです。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ひげおやじの記事一覧をみる ▶

記者:

インターネットの賑わっているところに大概参加をしながら約20年。 ここ最近はニコニコなどの動画サイトを根城にしつつ、何だかよく分からない生活を送る。 生放送においては過去に、日本全国を生放送をしつつ巡ったり、ヨハネスブルグ、ジンバブエ、カザフスタンなど「そもそも回線は大丈夫なの?」といった場所から生放送を行ったことも。 しかし、一番好きな場所は『自分の部屋』とのたまう、自称「世界で一番忙しいニート」・「世界で一番仕事をしない自宅警備員」。

ウェブサイト: http://com.nicovideo.jp/community/co7201

TwitterID: higeoyaji

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。