ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2013年Q4の世界主要国のOS別スマートフォン販売シェア、日本では68.7%がiPhone(Kantar調査)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

英国の調査会社 Kantar Worldpanelが2013年Q4(10月~12月)における世界主要国のスマートフォンOS別販売シェアを公開しました。調査対象は、米国、英国、スペイン、ドイツ、フランス、イタリア、中国、南米、オーストラリア、日です(日本のグラフは公開されていません)。調査対象となった国の全体のトップはAndroidでした。2位はほとんどの国でiOS、3位はWindows Phoneといった状況です。普段はお伝えできていないEU5カ国については、トップはAndroid(68.6%)、2位はiOS(23.7%)、3位はWindows Phone(10.3%)でした。欧州でのWindows Phoneの成長ぶりが顕著ですね。米国でのWindows Phoneのシェアは4.3%ですが、EU5カ国では2桁を超えています。なんと、イタリアではWindows Phoneのシェアが17.1%に達し、iOSを抜いて2位に浮上しています。日本の状況は海外と異なります。トップはiOS(68.7%)で、Androidのシェアは公開されていませんが、30%台であることは間違いありません。同社はさらに、国内上位3社のiPhone率まで公開しています。それによると、NTTドコモは58.1%、ソフトバンクは91.7%、au by KDDIは63.7%だったそうです。Source : Kantar Worldpanel



(juggly.cn)記事関連リンク
エプソン、Android 4.0を搭載したメガネ型デバイス「MOVERIO BT-200/BT-200AV」を国内で4月24日に発売
Samsung、Galaxy Note 3で発生したサードパーティ製アクセサリーの動作不良問題を修正するアップデートをまもなく配信
Twitterの公式Androidアプリがv5.0.11にアップデート、画像の編集や共有、タイムラインに新機能

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP