ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

玩具の入った箱の窓を開けていく『みんなのアドベント 機動戦士ガンダム一年戦争編』など発売へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
advent_1

バンダイは、記念日までの10日間をカウントダウンしながら、レアな玩具の入った箱の窓をひとつずつ開けて楽しむ新感覚トイ『みんなのアドベント 機動戦士ガンダム 一年戦争編』『みんなのアドベント 仮面ライダー』を3月20日に発売します。価格は各3150円(税込み)です。

advent_2

“アドベント”とは、イエス・キリストが降誕したクリスマスまでの4週間のこと。海外では、この期間に毎日ひとつずつ日付の書かれた箱などの窓を開けていく「アドベント・カレンダー」の風習があります。『みんなのアドベント』はこの風習をアレンジしたもので、記念日までの10日間を心待ちにしながら窓を開ける楽しみを味わえます。

それぞれの窓に入っているのは、ミニフィギュア、ステッカー、マグネット、ピンズなど、キャラクターの世界観が楽しめるバラエティ豊かなレアアイテム。『機動戦士ガンダム 一年戦争編』は、人気ロボットフィギュアシリーズ『ROBOT魂』のミニチュア版『micoro ROBOT魂』などが、『仮面ライダー 平成ライダー編』では、人気アクションフィギュアシリーズ『S.H.Figuarts』のミニチュア版などが入っています。

また、窓の裏側にはそれぞれメッセージが書かれており「開けてみてのお楽しみ」が詰まっています。大切な記念日までのカウントダウン、パーティの余興やプレゼントに、ひとつで10回遊べるおもちゃはいかがでしょうか。
 
 

■関連記事
巨大スケール!1/48の“ガンプラ”『メガサイズモデル ガンダム』
時価約700万円! 世界でひとつだけのシートやタイヤまで“純プラチナ製”『トミカ』
フィギュアを動かして遊ぶテーブルゲーム『ドラゴンボール改 メタルショーギ』

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。