ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今までのお好み焼きは間違いだらけ? ”お好み焼き芸人”どりあんず平井の焼き方講座

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

芸人仲間やファンの間では”お好み焼き芸人”として知られているどりあんずの平井俊輔
かつてお好み焼きチェーン『千房』でアルバイトした経験から、自分で焼けるスタイルのお好み焼き屋に行った時には、焼き加減といいひっくり返し方といい「めちゃめちゃえぇ感じに」(ライセンス井本談)腕をふるうそうだ。

その彼が芸人動画ニュースサイト『デイリーよしもと』(http://daily.ynn.jp 1月21日配信分)に出演し「今までお好み焼きの作り方は間違いだらけ」と、実際に鉄板を前にこだわりの焼き方を披露した。
筆者も関西出身なのでお好み焼きにはそれなりの知識があるつもりだが、説明を聞くと「なるほど」と感銘を受けることが多かった。

知らなきゃ損!平井流絶品お好み焼きの作り方 – YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=UYZU2Kbvu3c [リンク]

以下、動画で解説されているポイントの一部を挙げると…。

・具材(貝、海老など)と生地は混ぜずに別の皿によけておく。

・まず七割ほどの生地を鉄板に敷き、具材を生地の上に並べ、さらにその上から残りの生地をかける。

・絶対に上から押さない。

・青海苔やかつおぶしをかける前に切り分ける。

これまでのみなさんの流儀とくらべて異なる点はあっただろうか?
動画中では他にも生地の混ぜ方や調味料の扱いについて細かくレクチャーしている。

これから2月にかけては寒さが厳しくお好み焼きの美味しい季節。
家庭でも外食でもお好み焼きを食べる機会が多いと思うが、その際にはぜひ平井の焼き方を参考にしてほしい。

『デイリーよしもと・知らなきゃ損!平井流絶品お好み焼きの作り方』
http://daily.ynn.jp/detail.html?page=&p=fda38c77d1ac034e433fda67553c1074

※画像は『YOUTUBE』『吉本興業ホームページ』から引用

カテゴリー : エンタメ タグ :
中将タカノリの記事一覧をみる ▶

記者:

1984年生まれ。奈良市出身のシンガーソングライター、音楽・芸能評論家。加賀テツヤ(リンド&リンダース)の誘いで2005年にデビュー。音楽活動、タレント活動、執筆活動と多岐にわたる分野で活躍している。代表曲に「だってしょうがないじゃん」(2011年)。2016年からキャラクター、音楽制作を務める「うえほんまち ハイハイタウン」CMが放送開始。日本酒が好き。

ウェブサイト: http://chujyo-takanori.com

TwitterID: chujyo_takanori

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP