ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

食べ物写真をアップロードするだけで『超!美味しく変換』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

dpp_0057_top

このところ市民権を得たと言えそうなのが、「デジカメやケータイで食べ物の写真を撮る」行為。かつて記者がデジタルカメラを買いたての頃、手当たり次第に食べ物の写真を撮っている姿は周りの人から見たら少々、奇異(きい)に映っていたそうな。

けれども、今や、ブログやTwitterなどのサービスで「これたべたよ!」と食べ物写真をアップするのはむしろ当たり前。お店によっては店員さんも、写真を撮るお客さんのために気を配ってくれる場面すらみられるようになりました。

今日紹介するウェブサービス『超!美味しく変換』はその名の通り、食べ物写真を「より美味しく」変換してくれるものです。

NG

ためしに記者も、以前に撮った食べ物写真をアップロードしてみました。すると……確かに、前に撮ったときよりもずっと、美味しく見える!!これ、なんで?

GOOD

一般に、「美味しく見える食べ物の写真」の条件としては
・一定量の明度を確保
・正しいホワイトバランス(色温度)の調整

が必要であるといわれています。

これらは通常、画像修正ソフトで手動調節することが多いのですが、『超!美味しく変換』ではアップロードするだけの全自動なのです。

『超!美味しく変換』で採用されている画像補正エンジン『AccuSmart』は、「明るさや光源の違いなどその場の雰囲気に合わせてデジタルカメラ画像を最適化する自動補正技術」だそうです。このサイトでは、『AccuSmart』を料理画像用に最適化した上で採用しているそうです。

サイトに登録されている写真は、補正前と補正後のものが見られるので、実際に写真をアップロードしなくとも画像補正エンジンの効果がわかりやすくなっています。

食べ物写真をブログにアップする前に、『超!美味しく変換』を使ってみたらアクセスが増えるかも?

『超!美味しく変換』

■関連記事
苺ホワイトチョコレート餃子を作ってみよう
日本一インスタントラーメンを食べる女が絶賛する焼きそば
日本一インスタントラーメンを食べる女が絶賛する『男の汁なし麺』

オサダコウジの記事一覧をみる ▶

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。