ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『氷の微笑』の監督が脚本を一般公募 完成した作品の出来は? 映画『ポール・ヴァーホーヴェン/トリック』1月18日公開【未体験2014】

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

『氷の微笑』『トータル・リコール』『スターシップ・トゥルーパーズ』『ロボコップ』『インビジブル』……これらの名作を手がけたのは、オランダが生んだ天才映画監督ポール・ヴァーホーヴェン
そんなヴァーホーヴェンが、この度ある実験的試みを行った。映画冒頭部分のみの脚本を公開し、その後の脚本を一般公募して一つの映画を作ったのである。

1月18日より公開となる映画『ポール・ヴァーホーヴェン/トリック』では、その過程と実際に制作された作品を観ることが出来る。

用意した脚本は4ページ分・映像にして4分間。一家の主であり大きな会社の社長であるレムコの50歳の誕生日パーティーに、妊娠8ヶ月の大きなお腹をした元愛人がやってくる――という出だしだ。
これを1セクションとし、その後の展開は応募作品のおもしろい部分を組み合わせていき、全8セクションを作り上げていく。撮影は1セクションごとに行われ、俳優もスタッフも先の展開を知らないまま映像を作る。完成した映画の長さは50分だ。

制作の過程を追うドキュメンタリーと、実際に制作された映画との二部構成となっている今作。ドキュメンタリーで語られるのはヴァーホーヴェンの絶対的な“創作”への執着だ。「大きな失敗の可能性もはらむリスキーな状態こそが、より創造性を掻き立てるのだ」と監督は語る。

完成した作品は「14 1/2」と名付けられた。お察しのとおりフェリーニの「8 1/2」が由来となっている。
ドキュメンタリーで語られる言葉の重みとは裏腹に、作品自体は軽妙なサスペンス。50分の短い映画ながら、魅力的なキャラクター、印象的なシーン、そして小気味よいストーリーで練り上げられた傑作だ。天才監督と一般人のアイデアで作り上げたこの作品は、是非ご自身の目で確かめてほしい。

「この実験的な試みで、新しい手法や視点を身に着けたいんだ」と語る、御年75歳の監督。これからもまだまだ新しい作品を作り続けていってくれるようだ。
これからの彼の作品がもっと楽しみになる、映画『ポール・ヴァーホーヴェン/トリック』は1月18日よりヒューマントラストシネマ渋谷にて公開。どうぞお楽しみに。

原題:Tricked/Steekspel
監督・脚本:ポール・ヴァーホーヴェン「氷の微笑」「スターシップ・トゥルーパーズ」
出演:ピーター・ブロック「ブラックブック」/ゲテ・ヤンセン/リッキー・クール
オランダ/2012/89分/ヴィスタ/ドルビーSRD/カラー/オランダ語

(C) 2012 FCCE All rights reserved.

ホラー、スリラー、サスペンス作品の情報なら『ホラー通信』

カテゴリー : エンタメ タグ :
レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。