体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

天才ゲームクリエイター飯田和敏・インタビュー「人と会うためにゲームを作っていこうとおもう」

iida12

『アクアノートの休日』や『太陽のしっぽ』、『巨人のドシン』などの革命的ゲームを世に送り出してきた天才ゲームクリエイター・飯田和敏氏のゲーム『ディシプリン*帝国の誕生』 *1。Wiiウェアとして昨年8月25日に発売されたこの作品は、研究施設の檻(おり)の中という狭い空間で収監されている人々のお世話をする、不思議なゲームである。

この作品が文化庁メディア芸術祭の審査員会推薦作品に選ばれ 、美術館に展示されるという快挙が起こった数日後、動画制作にも関わってきた『実況野郎B-TEAM』の加藤レイズナ、たろちん、ルーツ(Revinは残念ながら欠席)が手作り料理を飯田さんにふるまうという謎(なぞ)のイベントが、ガジェット通信編集部でひっそりと行われた。

食事後、膨満感に苦しむ飯田氏からいくつかの本音コメントを聞き出すことに成功したため、これをガジェット通信が追ってきた『ディシプリン』事件完結編としてお送りしたいと思う。イベントの模様は幻冬舎のWebマガジン『実況野郎文芸部(B-TEAM)』*2でレポートされているので、こちらも合わせてお読みいただきたい。

・満腹中枢MAXインタビュー
飯田 いっぱい食べたよー。おなかいっぱいすぎて倒れそう。あ、胃腸薬ないですか。

記者 どうぞ。

飯田 (胃腸薬を飲み、おなかをさする)うー、もう食べれない。

記者 お腹いっぱいのところ申し訳ないのですが、いろいろとお話を聞かせていただけますか。

飯田 えー、嫌です。

記者 え?

飯田 だって、ゲロ吐いちゃいそうだよ。いいの? むしろゲロするか! 本音を語るよ。

img_0552_edited

記者 飯田さんが作ったゲームの『ディシプリン』では、良い意味でもハプニングがいろいろありましたね。スタートからエンディングまでの全工程の実況動画を発売前に『ニコニコ動画』にアップロードして、ソッコーで8万回再生を達成したかと思ったら、ソッコーで動画が削除される*3ということが起こったり。

飯田 そうですね。

記者 クリエイターである飯田さん自身が、『mixi』や『Twitter』で『ディシプリン』について書いている人に直接コメントしたり。

飯田 いろいろやりましたね。今はできないですけど(遠い目……)。

・『ディシプリン』が美術館に展示されて
記者 弊社も関わらせていただいた『贖罪(しょくざい)会見』*4 、Wiiウェアランキングで1位もとりましたね。

飯田 金メダルとったね。

記者 そして、その『ディシプリン』が文化庁メディア芸術祭の審査員会推薦作品*5に選ばれて、美術館に展示されるという。これは本当に快挙ですね。取材で観に行きましたが、宮本茂さんの『スーパーマリオブラザーズ』のすぐ近くに『ディシプリン』が展示されていて、あのゲームを初めて知ったような人たちが、係の方の説明を聞きながら楽しそうに遊んでいましたよ。なんだかほほえましかったです。

飯田 僕も観に行ったけど、あれは嬉(うれ)しかった。普通だったら僕のゲームに出会うことができない人も遊んでくれて。つい遊び方を説明しちゃいましたよ。

記者 その場に居合わせた方はすごくラッキーでしたね。喜んでいました?

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。