体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【東京オートサロン2014】SUBARUの本気! 国内ユーザーへの愛が満載のブースの模様をレポート

LEVORG_並び

カスタムカーの祭典『東京オートサロン』が今年も1月10日から12日にかけて開催された。先日、ガジェット通信では『東京モーターショー』の模様をレポートしたが、自動車メーカーによる厳かな展示会である『モーターショー』に対して、『オートサロン』は完成車メーカーだけでなくカスタムメーカーからのカスタムカーもズラリと並ぶ、派手さが特徴的なイベントだ。ちなみにコンパニオンの派手さも格段に上がっている。6年ぶりに国内自動車メーカー8社がそろい踏みするなか、SUBARUは新型車『LEVORG』と『WRX STI』を中心に出展していた。

黒塗りのブースがカッコイイ!合い言葉は「Proud of BOXER」

BOOTH

ブース正面には「BOXER」の文字が堂々と掲げられ、一目でSUBARUブースと分かるようになっていた。「BOXER」とは、SUBARUの代名詞でもある水平対向エンジン、通称“ボクサーエンジン”を指す。自動車のエンジンにもいくつか種類があり、一般的には“レシプロエンジン”であり、他には“ロータリーエンジン”などがある。SUBARUは全車種にボクサーエンジンを搭載しており、「Proud of BOXER」とはまさしくSUBARUの誇りを表す言葉なのだ。
 

カスタム車両もそろい踏み! 25年目のフルモデルチェンジ

先日の東京モーターショーで世界初公開となった新型車『LEVORG』には、SUBARUの並々ならぬ情熱が注ぎ込まれている。広報担当者をして「日本のお客様のための車」と言わしめる『LEVORG』は、国内において薄れゆくスポーツカーを強く意識した車である。単純にスポーツカーというわけではなく、「スポーツカー」と「ワゴン」というカテゴリの中間を成す「スポーツツアラー」というコンセプトを提唱しているのだ。先代にあたる『レガシー』は、カスタムのベース車両として人気を博していたが、自動車業界全体の海外志向や高級志向に伴い、名実ともに大きくなってしまった。そこで再度、「乗れる!走れる!いじれる!」と三拍子そろった車を形にしたのが『LEVORG』である。

ブースには、それぞれ全く異なったコンセプトでカスタムされ、まるで異なる車かと思ってしまう程に多様な『LEVORG』が並んでいた。念のため言っておくが、もちろんベースはどれも同じ『LEVORG』である。

LEVORG_SUBARU

Premium Sports CONCEPT(SUBARU)
純正オプションにより飾られた姿は、まさしく正装と呼ぶに相応しい。スポーツツアラーの名にふさわしい、乗せてよし走ってよしの攻守そろったデザインだ。
 

LEVORG_STI

STI Performance CONCEPT(STI)
SUBARUお抱えのワークスであるSTIによってフルエアロをまとった姿は、機敏な走りを彷彿とさせる。ワークスならではの、本来のイメージを崩さないデザインにも注目したい。
 

LEVORG_CORAZON
1 2次のページ
まがりんの記事一覧をみる

記者:

車担当。 q@magarin.net

TwitterID: magarin_14

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。