ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓国には凄い言葉がある 韓国国防「助けられたことは忘れろ」→日本批判

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


韓国の国防部報道官が軍に対して信じられないコメントをしていた。それは「助けられたことは忘れろという言葉がある」と教え、日本から銃弾を提供されたことを忘れろと言い、更に靖国問題を持ち出し日本批判させているのだ。

これはテレビ(FNN)の一場面で、書かれているハングルは「今日靖国神社参拝(オヌル ヤスクニシンサ チャンべ)」という意味である。

日本からの支援も忘れむしろ靖国参拝した日本を敵対視しろと言う韓国国防部。韓国軍は支援を必要としていたが、韓国政府がそれを渡さず孤立していたという事実もあったことから、とんだ意地を張っているようである。

韓国が「グレンデールにある慰安婦像を撤去させるな」と対抗署名開始! 既に1万7000人が署名

※画像はFNNより引用。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP