ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ちょっと物足りない? 異能力バトル探偵アニメ  アニメ『ハマトラ』クロスレビュー[4.7/10点]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

2014冬アニメクロスレビュー『ハマトラ』

““ミニマム”--それは、「小さな奇跡」とも呼ばれるごく限られた人間にのみ先天的に発現する特殊能力。
その能力を身に付けた者は“ミニマムホルダー”と呼ばれる…。

2014年 横浜。ナイスとムラサキのコンビ探偵“ハマトラ”は、事務所としてテーブルを間借りしているカフェ・ノーウェアで仲間たちと一緒に今日も仕事の依頼を待っていた。そんな中、2人の元へと舞い込んだある依頼が、2人と旧知の間柄の警察官・アートが追いかける「連続殺人事件」と、奇妙な繋がりを見せる。その事件は、被害者が全員“能力者(ミニマムホルダー)”というものだった。ミニマムホルダーであるナイスとムラサキも、否応無しに事件の渦中へと巻き込まれて行く…。”

制作/NAZ
総監督/岸誠二
監督/木村寛
声優/逢坂良太、羽多野 渉、加藤英美里
1月7日よりスタート
テレビ東京 毎週火曜日 25時40分~
公式サイト:http://hamatorapj.com/animation.html[リンク]

2014冬アニメクロスレビュー 記事一覧はこちら

総合得点 平均

4.7/10点(レビュアー 3名)

アニ二郎探検隊のレビュー

演出 5
脚本 5
作画 5
OP / ED 6
息子が不憫度 10
-----
総合 5

異能力探偵謎解きアニメ。子供向けなキャラ設定なんですがおっさんが女子大生何人も食いまくりとかどこ向けの作品なのかイマイチわからず。作画はもうちょっと頑張って欲しいレベルですね。子供向けにストーリーを構築するか、大人向けに作画をしっかりやるか今のところ中途半端な感じがしています。

ジョージ・レックのレビュー

演出 2
脚本 1
作画 1
OP / ED 2
公式サイト見づらい度 9
-----
総合 2

SPEC人気だからね。仕方ないね。裏社会に憧れちゃってる中学生がゲットバッカーズ読んでノートにいっぱい設定資料書いて、それをそのままアニメにしましたっていう印象。サスペンスって言ってるけど全部能力バトルで片付けそう。エスプリの効いたカッコイイこと言わせようとしすぎて滑ってるんだよね。セリフ回しダサい。頻繁にギャグ入れてるからオチも薄い。作画もひどいね。専門学生の卒業制作アニメかと思った。声優ファンなら。

srbnのレビュー

演出 7
脚本 7
作画 6
OP / ED 7
ヨコハマ度 10
-----
総合 7

最近こういう色彩流行ってるんですかね。『ハマトラ』って名前から野球かな?って思ったんですけどヨコハマのトラブルシューターってことだそうで。ヨコハマには既にトイズをもった名探偵がいるじゃないですか!超能力を持ったイケメン2人(+α)による探偵モノのようで、冒頭のダメダメっぷりと本編のギャップといい、色々と裏切られた感じがしましたが、なかなか良かったです。

レビュアープロフィール

アニ二郎探検隊
アニメの流通も手がける某企業に勤務する元イベント屋の30代

ジョージ・レック
古いアニメから最新のアニメまで広く浅く監視中。ロボット・能力バトル・恋愛・日常…なんでも食う系男子。好きなアニメは「聖闘士星矢」「輪るピングドラム」「ぱにぽにだっしゅ!」

srbn
OPやEDに弾幕が流れるようなアニメをよく観ていますよ。

※画像は公式サイトより引用

ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP