ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ブシロードとコロコロコミックのバディにも期待! アニメ『フューチャーカードバディファイト』クロスレビュー[6.7/10点]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

2014冬アニメクロスレビュー『フューチャーカードバディファイト』

舞台は2030年頃、日本の首都・超東驚(ちょうとうきょう)。人間は「バディファイト」を通じ、「親近界」と呼ばれる異世界の住人たちと交流を始めていた。バディファイトとは、選ばれた人間「バディファイター」が、異世界の住人(バディモンスター)と相棒となり繰り広げるゲームである。その戦いは、時に国の命運を左右することもあるほど重要で、バディモンスターの力を悪用するものも現れていた。相棒学園初等部6年、未門牙王(みかどがおう)。彼もバディファイトに憧れ、いつかモンスターを相棒にしたいと願っていた。ある日、不良に絡まれている少年を見かけた牙王は、正義感から得意の合気柔術で少年を助け出す。そんな牙王の活躍を遠く異世界から眺めていたモンスターがいた。ドラゴンワールドの英雄の息子、「ドラムバンカー・ドラゴン」だ。ドラムは常識破りな牙王を気に入り、バディ(相棒)として契約する。バディモンスターに選ばれた主人公がバディファイトを通じ、相棒や仲間との絆を深め、ともに成長していくストーリー。

制作/OLM・XEBEC
監督/池田重隆
声優/水野麻里絵、大畑伸太郎、斉藤壮馬ほか
1月4日よりスタート
テレビ東京系 毎週土曜日 8時00分~
公式サイト:http://www.tv-aichi.co.jp/fc-buddyfight/[リンク]

2014冬アニメクロスレビュー 記事一覧はこちら

総合得点 平均

6.7/10点(レビュアー 3名)

srbnのレビュー

演出 7
脚本 7
作画 7
OP / ED 7
バディ度 8
-----
総合 7

『カードファイト!!ヴァンガード』を手がけるブシロードが送る新作カードゲームのアニメ。ヴァンガードに例えると、カムイさんが主人公になって小学生をターゲットにしたような感じです。道場の息子である主人公は喧嘩っぱやく熱血な少年。わかりやすいライバルもいるし、素直な少年向けアニメって感じがしました。決定的な違いは、バディの存在でしょう。『ヴァンガード』では「僕の分身」とか言ってはいたものの、所詮カードはカードであり、実体化はイメージ上のものでした。『バディファイト』では、友達かのようにバディモンスターが具現化しており、人々は特殊な力を持たなくてもバディの存在を認識できています。ゲーム自体はまだ実戦が描かれていないのでわかりませんが、TCG好きのみならずバトルモノ、非日常学園モノが好きな人も楽しめるかな。てか学校でカードゲームの授業があるってうらやましいなあ。

アニ二郎探検隊のレビュー

演出 7
脚本 8
作画 8
OP / ED 8
ヴァンガードを超えるぞ!度10
-----
総合 8

カードゲームアニメ。1話はカードバトルせずに世界観を見せることに注力するという演出。しっかりアニメに引き込んでからバトルに持っていくのだろうか。いきなりバトルされても良くわからんのでこれはこれであり。人間側とモンスター側がそれぞれちゃんと自意識を持ち、世界もあり、個性があるのもいいですね。男の子向けの熱い感じがします。

ジョージ・レックのレビュー

演出 5
脚本 6
作画 5
OP / ED 7
ブシロー度 7
-----
総合 5

朝にぴったりなチャイルド向けカードバトルアニメ。治安部隊がカードバトルで犯罪者を捕まえたり、学校の授業でカードに関する作文を書いたり、バディファイト中心に回ってる世界が舞台。コロコロとタッグを組んで低学年層にカードゲームをアピール・浸透させていくのが目標みたい。この系統のアニメでのバトルって結局「運次第」じゃんと思うことが多い中、「運をつかまえる準備をしていなければ絶対に来ない」と主人公に説く店長の言葉が出てきたのが実に良かった。終始主人公のことをストーカーの如く監視してたドラゴンはツンデレの予感。ショタ好きのお姉さんたちも是非。

レビュアープロフィール

srbn
OPやEDに弾幕が流れるようなアニメをよく観ていますよ。

アニ二郎探検隊
アニメの流通も手がける某企業に勤務する元イベント屋の30代

ジョージ・レック
古いアニメから最新のアニメまで広く浅く監視中。ロボット・能力バトル・恋愛・日常…なんでも食う系男子。好きなアニメは「聖闘士星矢」「輪るピングドラム」「ぱにぽにだっしゅ!」

※画像は公式サイトより引用

ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP