体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

なんとなくソーシャル断ちをした。

なんとなくソーシャル断ちをした。

今回は円谷洋平さんのブログ『やまいきたいですよぼくは。』からご寄稿いただきました。

なんとなくソーシャル断ちをした。

1ヶ月前後、ソーシャル断ちをした。
Twitterはじめてから6年半ぐらい経った。
mixi→facebookはあわせると10年ぐらいやってる計算になる。

今まで身近にあって、なんとなく日常に溶け込んでいるけれど、一体これらに何の役割を求めていて、何を期待しているのかが知りたかったので、断ってみた。

概要

断ったのは下記の通り。すべてGoogleChromeのExtentionで閲覧できなくした。

・twitter(およびサードパーティのクライアント)
・facebook
・tumblr
・まとめブログ
・mixi(もう全くやってないけど)

これらは見ないと色々支障を来すので、通知だけ切って、定期的に利用した。

・line
・facebook messenger
・Twitter DM
・はてブやニュースアプリに流れてくるヘッドライン
・社内SNSと、そこから飛べる記事(ブロックされていなければ)

例外的にあとからこれだけやるようにした。

・友だち承認とリフォロー(これだけiPhoneに通知がくるようにした)

感想。

利用しているときに比べて、以下のような変化が見られた。

■ 人を直接誘うようになった。

僕はTwitterとかFacebookで「今から飲める人」を探すのが大好きで、何度かやっていたのだけれど、これが出来なくなったので、飲みたい人を決めて、直接誘うようになった。
なんとなく今までも「あーこの人がきてくれたら嬉しいなー」なんて思う相手はいたものの、空リプにもならないような、淡い期待で広範囲募集していたんだけど、この期待は全く意味がないことに気付いた。
飲みたい相手がなんとなく居るなら、ダメモトでも直接誘ったほうがいいと思いました。(小並感)
あ、でも突発飲みは好きなので、多分今後もやると思います。はい。

■ 生活にサイクルが出来た。

プッシュされる情報が極端に減ったので、自分のペースで生活出来ている実感が強くなった。
今までは、「あれをして、これをして、こうしよう・・・。大体2時間もあれば終わるだろ・・・」と思ったことが、なんとなく途中で情報収集をはじめて1時間ぐらい余計に時間がかかったり・・・なんてことがあったけれど、これがなくなって、わりと計画したことは達成できるようになった。
それが連続して、なんとなく生活にサイクルが出来始めた。

■ そこそこ仕事に集中できるようになった

仕事中、息抜きにサーフィンをはじめた結果、気付いたら30分・・・とかが無くなって、代わりに息抜きに誰かに話しかけにいく・・・といういい迷惑な方法で代替しはじめた。
必然的にしにいく話は仕事の話になるので、なんとなく仕事中の濃度は濃くなった気がする。
なにより、仕事中に余計な情報が入ってきて、考えが分散することが少なくなった。

■ 絶食しやすかった

ちょうどダイエット期間がかぶっていたけれど、食べ物の画像をふいに目にすることがなかったので、「うおおおお腹すいた!!!!」ってことがなかった。
完全絶食はほとんどしなくて、実際は梅昆布とかスープとか口にしているんだけれど、なんとなくそんな最低限の食事でも集中して仕事が出来た。
ランチ時間も仕事にあてられるのでよかった。

■ 新しい人間関係が築きづらくなった

新しく知り合った人と、ソーシャル上で繋がるみたいなことは途中からしていたんだけれど、
facebookやTwitterが見れないと情報のやりとりが出来ないので、つながったきり・・・になってしまう。
次会ったときのための情報源とかが確保しづらくなった。
いきなりLINEを交換することは少なくて、まずはFacebookとかTwitterでつながって様子見・・・みたいなことが多かったんだなーと再確認できた。

■ 多分ちょっと情報に疎くなった

ソーシャル断ちをしていても、わりと情報は色々なところから入ってくるんだなーとは思ったけれど、やっぱり情報量は少なくなったと思う。
ただ、知らなくても支障がないような情報を積極的に取りにいってたんだなーという実感は生まれた。ヘッドラインさえ把握しておけば、特に困ることもなかった。
仕事で調べた情報とか、社内SNSに貼られたリンクが閲覧規制にひっかかって見られなかったことだけは、正直困ったので、途中から条件緩和したりした。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。