体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

普通の人のブログが読まれるようになるにはどうしたらいいか。

blog_komoko

ブログを始めたのはいいけれど、何を書いたらいいかわからない。どうやったらたくさんの人に見てもらえるんだろう。そんな風に悩んだことのある人は多いのではないでしょうか。今回はkomokoさんのブログ『かみんぐあうとっ』からご寄稿いただきました。

普通の人のブログが読まれるようになるにはどうしたらいいか。
以前『普通の人のブログが面白い』*1 という記事を書いたのですけれど、普通の人のブログが読まれるようになるにはどうしたらいいか、そのことについて視点をシフトしてみたいと思います。

 1.他の人が読みたいと思うものが自分のブログにあるか。
 2.とにかく言葉にしてみること。
 3.自分のキャラを確立する。
 4.出し惜しみしない。
 5.試行錯誤してみる。

1.他の人が読みたいと思うものが自分のブログにあるか。
読まれるということは、つまり読みたいと思う人がいるからで、ニーズみたいなものはあります。私も実感していますが、ライフハック系は読まれます。あとはお役立ち系。コミュニケーション関係の考察もよく読まれます。コミュニケーションで悩んでいる人は多いと思います。

コミュニケーション系の考察・アドバイスの記事がよく読まれるというのは、やはり人とかかわっていくことの難しさがあるからだと思います。人との接し方、距離感、考えること多いです。距離感について少し書きますが、相手との距離感を感じるとやはり寂しいですし、かといって相手に近づきすぎると相手のいやな部分、自分のいやな部分も見えてしまうというのがあるのですよね。なんていうのかな、自分のいやな部分も見せられて、相手のいやな部分も受け入れられてという関係はいいなと思います。人間完璧(かんぺき)じゃないですし、ココ*2 でも書きましたが、私はわりとなんでもOKなのですよね。多少だらしなくても気にしないし、あ、やだなーと思う部分があったとしてもそれがその人のすべてじゃないですし、そういうところもあるんだということで納得してしまうというか。許容範囲がかなり広いなぁと我ながら思うのですが、それもいろんな人と接するようになってからだと思います。

さて、どうしたら、普通の人のブログでも読まれるようになるのかですが、ぶっちゃけ、普通の人が毎日何を食べた、Twitterで何をつぶやいた、どこに行ったということはほとんど読まれません。芸能人であれば読まれるかもしれませんが、普通の人の日常に興味を示す人はさほどいないと思います。

自分のブログには、他の人が読みたいと思うものがそこにあるか、だと思います。

2.とにかく言葉にしてみること。
さて、完璧(かんぺき)という言葉が出てきましたが、ブログも完璧(かんぺき)じゃなくていいと思います。そもそも完璧(かんぺき)なブログなんてないと思いますし、万人ウケするブログというのもないです。読む人は読むし、読むか読まないかは読む人の自由。その自由なところが好きでブログを続けています。

説明するのに文章力、語彙(ごい)力があったほうがいいというのはありますが、そればかり意識しても読みたくなるような文章というのは生まれてこないです。多少荒削りでも、書きたい、伝えたいというその姿勢が伝わってくるような文章の方が魅力があってひきつけられるものです。

ええ、ぶっちゃけ論理的でなくてもいいと思うのです。論理的であればそのほうがベターですが、わたし自身論理的かどうかといえば、そうではないでしょう。感覚的なところがかなりあります。昔、詩を書いていたことがあり、出版社から本を出す話も出ていたくらい、感覚的な人間です。感覚的に言葉を使って、わかる人はわかってくれるそういうスタンスでした。

ええ、「でした」と過去形にするのは、今、感覚的に言葉を使うだけでは他者には伝わらないということを痛感しているからで、伝えるためには、やはり筋道は必要。論理的に説明できないとわかってもらえないというのはあります。他者の感覚は自分とはやはりちがいます。言葉を使って説明しないとわからないのですよね。黙っていてもわかってくれるだろうというのは甘えなのかもしれません。自分が今どういうことを考えているのか、感じているのか、「できるだけでいい」から言葉にしてみる。まずはそこからだと思うのです。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。