体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

将棋電王戦リベンジマッチ観戦記(執筆者:大崎善生)

 なんともいえない不思議な思いばかりが胸をよぎり続けた。私は対局室に居て、目の前で起こっている現象をどのように理解し、あるいは把握するべきなのかと何度も思いを巡らせていた。

 2013年12月31日―。年の瀬の慌しさの真っ只中にある東京の中でも一際の喧騒に包まれた明治神宮の膝元、原宿。多くの人で賑わう竹下通りの一角にあるビル内に造られた16畳ほどの和室の中で、静かに密やかに対局は進行していた。

 美しい対局室である。

 背景には大きなLEDスクリーンがあってそこに色鮮やかな四季の情景が数時間ごとに映し出される。最初は冬の雪景色からはじまり、春から夏へと移行していく趣向という。張り巡らされた襖や床の間の造作はどれも見事なもので、真っ青な畳も鮮やかである。上座となる床の間を背にダミーの駒動かし役である奨励会員がいてその後ろにツツカナを搭載したコンピュータとプログラマーの一丸貴則さん、将棋盤を挟んで船江恒平五段が座っている。

 今回のリベンジマッチの対局場となったのは原宿のニコニコ本社ビル。地下一階が関係者控え室、一階が大盤解説会場、二階が報道陣控室、そして三階がこの日のためにだけ造られたスタジオの中にある和室の対局室。この対局室は突貫工事で31日の朝にできあがり対局が終わればすぐに解体されてしまうという。年末の1日だけに現れる、幻の湖のような場所なのである。朝の対局開始時には川上量生会長も現れるなど、電王戦の主催者側の力の入れようは大変なものがある。

 朝、対局場にくるとすでに解説会場に入りきらない200人近くの人がビルの外に並んでいた。会場から人が帰ればその代わりに入れるという空き待ちなのだが、ほとんど帰る人はいない。ただし並んでいる場所にモニターが設置してあり、中の様子は窺えるようになっている。しかしこの寒さに外で立ち見するファンの熱意にも頭が下がる。

 将棋は春に対局された船江―ツツカナ戦とまったく同じ軌跡をたどっていった。

 ▲7六歩、△3四歩、▲2六歩、△7四歩、▲5八金。

 4手目の△7四歩というのが定跡形を避けるために一丸さんが入力していた一手で、ルール上では許されていたが、しかし指し手に人間の指示が入っていいのかどうかという波紋を呼んだ一手だ。今回のリベンジマッチは前対局と同じ条件の中で戦うという決まりがあったので、船江がこの出だしを選べばこう進むのは必然ということになる。少なくとも▲5八金までは指定局面に近い状態となっている。

 それからしばらく異常事態が続いた。

 ツツカナは小考を交えながらしかし結局手を変えない。船江はノータイムで前局と同じ指し手を追随していく。敗れたとはいえ船江は前局の序盤作戦を良しとみていたようで、ツツカナ側が同じ進行を選ぶのなら時間を節約してノータイムでついていこうという風に考えたのだ。感想戦で船江は「終盤戦で仕切りなおしのような局面になったときでも、一時間は時間を余しているようにしておきたいと思っていた」と語っている。

 船江は今回の対局に備えて同じスペックのツツカナと10数番の練習将棋をしたそうで、終盤の底力を知り尽くしていたからこその発言である。

 盤側に座る私にはしかしその進行は不思議に思えてならなかった。前局と同形のまま結局30数手が過ぎてしまったのだ。その昔、コピー将棋という言葉が流行ったが、それは人間同士の対決のときに限って現れるものと思っていた。誰かが指した棋譜、あるいは自分が指した棋譜を記憶のまま辿って指すのは極めて人間らしいやり方で、多くの労力を省き体力の消耗を防ぐことができる。

 しかしコンピュータは局面での評価を判断基準として一手ずつを考えているはずだ。現に船江がノータイムで指すたびにツツカナは小考を繰り返し、評価によって自らの指し手を選択している。その結果、以前と同じ道を歩いていくというところが不思議に思えてならない。つまりこの20手近くの指し手をツツカナはすべて最善手と判断しているということなのだろうか。

 そんなことは有り得ないと私は経験的に判断するし、おそらくその直感は間違っていないだろう。実際に練習将棋で船江は何番かを同じ出だしから指したそうだが、ほとんどがツツカナ側から手を変えてきたという。

 では何故?

 今日に限ってまた同じ進行を選んでいるのだろう。とにかく同じ形に進んでいく盤面を見ていて私は薄気味悪ささえ覚えてならなかった。

 その薄気味悪さとは、ツツカナに情緒のようなものを感じたからにほかならない。ツツカナは相手を以前対戦した棋士と認識し、そのリベンジマッチを受けてたっているのだと理解しているように思えてしまうのだ。同一の進行が一体どこまで続くのか。

 対局室だけではなく控室でも解説会場も異様な空気が流れているなか、手を変えたのはツツカナの方であった。38手目△5六銀(図1)。前局では▲4四角と打ち△5五角、▲同角、△同歩、▲6六角と進行していた。それから二転、三転の大激戦が展開されるわけだが、しかし勝ったのはツツカナだった。

1 2次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。