ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

WiFiQR : Wi-Fiアクセスポイントの接続情報をQRコード化、パスワード入力不要で接続できるようにする便利なAndroidアプリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

この記事では、Wi-Fiアクセスポイントへの接続に必要な情報をQRコード化できるAndroidアプリ「WifiQR」を紹介します。アプリは無料です。例えば、来社した取引先の人や自宅に招いたゲストにネット接続のためにWi-Fiアクセスポイントの接続情報を伝えることがあると思います。その際、オープンなSSIDなら特に面倒ではないのですが、パスワードを設定したアクセスポイントの場合、相手にパスワードを伝えても接続時に入力を間違えることもあれば、(認証情報が保存されない場合)再接続するのにまた伝えなければならないこと、口頭で伝えると知らない人にも聞かれてしまうことが懸念事項として浮上してきます。これらの問題を解決してくれるのが今回紹介する「WifiQR」です。「WifiQR」は、特定のSSIDのWi-Fiアクセスポイントに関する認証タイプとパスワードを含んだQRコード(2次元バーコード)を作成・共有できるアプリです。「WifiQR」でSSID(手入力かリストからの選択)、認証タイプ、パスワードを入力し、「Create」ボタンをタップすると、QRコードが生成され、それを相手のスマートフォンでスキャンしてもらうと、タップ1回でそのWi-Fiアクセスポイントに接続することができます。相手にはWiFiQRに対応したバーコードリーダー(QRコードスキャナなど)をスマートフォンにインストールしてもらう必要があります。「WifiQR」で作成したQRコードは画像として保存したり、他のアプリで共有することもできます。QRコードをプリントアウトして配布したり、相手にメールでQRコードの画像を送信しておけば、相手がプリントアウトすることもできます。「WiFiQR」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
Google、自動車へのAndroidの搭載を促進する「Open Automotive Alliance(OAA)」を設立、Audi、GM、ホンダ、現代、NVIDIAらが参加
CES 2014 : LG、リストバンド型活動量計「LifeBand Touch」と心拍計付きイヤホン「Heart Rate Earphone」を発表
Galaxy Tab Pro 8.4のプレス画像が流出、従来のメニューボタンが廃止される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP